FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球にて

私の弟が亡くなり、一昨日、自宅で葬儀を行いました。琉球の島々をともに育った弟との思い出はたくさんあります。また、弟を通じて、植民地化されている琉球社会を考える機会をたくさんもらい、学びました。

新聞に死亡広告を出さす、近親者だけで家族葬を行いました。小禄自治会の方々、私の南灯領の友達の嘉手納さん、当銘さん、ワッタールーチューの照屋さん、知念さんなど、多くの方々が焼香してくださり、心よりお礼申し上げます。特に小禄自治会や近所の方々、約200人が来てくださり、葬儀の手伝いもしてくださいました。

母はこれまで自治会活動、民生員活動を活発にやっており、わたしたち家族が地域に支えられてきたことを改めて感じました。自治の力を感じるひと時でもありました。

琉球、小禄の方々に、本当に心からお礼申し上げます。弟もニライカナイで喜んでいると思います。

明日の初七日を終えて、滋賀に戻り、28日にはトルコに行き、学術会議で報告する予定です。常にわが身に弟がついて、守ってくれているように感じています。弟のことを考えながら、研究、教育、社会活動をしていきたいと心に誓っています。

スポンサーサイト



<< 滋賀に戻って | ホーム | 後田多さんによる『琉球独立への道』のご紹介 >>


コメント

ご心痛ですね。お掛けする言葉を持っていませんが、
先生のおっしゃる「弟のことを考えながら、研究、教育、社会活動をしていきたいと心に誓っています。」こそが供養になるのだと思います。

Re: タイトルなし

宮平様

お悔やみのお言葉、心に沁み入ります。
弟のことを常に考えていく、忘れないことが供養になるのではないかと思います。

今後とも、宜しくお願いします。

松島泰勝



> ご心痛ですね。お掛けする言葉を持っていませんが、
> 先生のおっしゃる「弟のことを考えながら、研究、教育、社会活動をしていきたいと心に誓っています。」こそが供養になるのだと思います。

お悔やみを申し上げます。
原因はわからないですが、ご両親の無念さは、言葉には表せないでしょう。
「死」とはなんでしょうか?いつも思ってしまします。
無、なくなるのでしょうか?
ご冥福をお祈りいたします。

Re: タイトルなし

お悔やみのお言葉感謝します。
弟は短い人生でしたが、弟なりに一生懸命生き、苦しみ、ニライカナイに旅立
ちました。私たち家族も、弟のことを忘れず、新たな生活を歩む決意です。



> お悔やみを申し上げます。
> 原因はわからないですが、ご両親の無念さは、言葉には表せないでしょう。
> 「死」とはなんでしょうか?いつも思ってしまします。
> 無、なくなるのでしょうか?
> ご冥福をお祈りいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP