FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

滋賀に戻って

メール、ブログ、フェイスブックを通じて多くの方から、お悔やみのお言葉を頂戴しました。心より感謝します。
高校の同級生の照屋さん、南灯寮の先輩の西銘さん、妻の父・兄姉などの皆様からは遠方にもかかわらず香典や弔電を頂戴し、藤原書店の藤原社長、龍谷大学経済学部の西本学部長や親せきの皆さんからも弔電を頂きました。

両親ともども、励まされています。

昨日は初七日でした。

昨日の初七日では、弟が私たちにしてくれた、やさしい思い出を遺影の前で
家族で語り合いました。少しずつ、気持ちを切り替えて、新しい家族の生活の歩みを
始めたいと思います。

お忙しい中、午後には南灯寮の嘉手納さんや与那嶺さん、當銘さんご夫妻や、近隣の方々が大勢、琉球の私の家に来て下さいました。

今日、今日からトルコに行き、学術会議で報告す
る予定です。研究のプロとしての自覚から、報告、議論をして研究を深めたく存じま
す。それも弟の希望だと考えています。
トルコには、クルド人という迫害を受け続けている民族が住んでいます。トルコにおける民族問題など、短い間ですが、現地をこの目で見て学び、琉球とつないでいきたいと思います。

弟のことを忘れずに、弟のことを考えながら、これからも生きていきます。


スポンサーサイト



<< イスタンブールにて | ホーム | 琉球にて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP