FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

イスタンブールにて

今、イスタンブールにいます。

ビザンチン、オスマンの歴史を経て、アタチュルクの独立運動、独立後の政策など、多くのことを学んでいます。現地にすむ台湾人や中国人にもインタビューして、東アジアとトルコ、中央アジアとの関係について新しい発見をしました。

本屋でキプロス問題、クルド問題、アタチュルクの独立運動等に関する本も買いました。また東トルキスタンの食堂で、その地域の民族とともに食事をし、カザク人とも話をしました。

バザールにいくと多くの民族がひしめき合って商売をし、行きかって、大変活気があります。民族が民族として認められている社会生活の魅力を肌で感じています。

これまで琉球と太平洋諸島、島嶼とを結ぶことに力を入れてきましたが、それとともに、
琉球とトルコ、他の中央アジア諸国・地域・民族とを結ぶための研究、活動の重要性を強く認識するようになっています。

一昨日は街中で爆破テロも発生しまし、緊張の中での調査活動ですが、この一瞬、一瞬を大切にして、東西文明の接点で琉球人として学びたいと思います。

今日は、海峡大学(ボアズチ大学)にて、朝から夕方までのワークショップがあり、国際的な移民問題について報告をし、トルコ、アラブ側の研究者と議論をする予定です。刺激的な一日になりそうです。
スポンサーサイト



<< ボアジチ大学、龍谷大学共同主催の国際会議 | ホーム | 滋賀に戻って >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP