FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ボアジチ大学、龍谷大学共同主催の国際会議

ボアジチ大学、龍谷大学共同主催の国際会議で報告しました。
ボアジチ大学は、海峡大学と訳することができます。ボスポラス海峡が見える、建設数百年の教室棟がたくさんあり、スケールの大きい学生がうまれうような、すばらしい大学です。

 昨日は、トルコ、欧州、アジア太平洋における移民問題、人の移動に関する国際会議で報告しました。私はグアムにおけるコンパクトインパクト問題を述べた上で、グアムの基地拡張が島社会にどのような影響を与えるのかを論じ、チャモロ人が移民政策のガバナンスをにぎるために脱植民地化と脱軍事基地化の具体的実践の意味について述べました。

私の報告では、島という狭小な場所における急激な人口増加という問題性、軍人やその家族をも移民として認識することの必要性、移住政策における受け入れ側のガバナンスの重要性について報告し、会場の参加者と議論をしました。

トルコにも米軍基地があり、関心を持って聞いてもらえました。国際会議の外では、トルコの先生方と、クルド問題、キプロス問題、ウイグル問題、民族ブルジョアジー・アタチュルクとレーニンや孫文との関係などについても議論をしました。大変刺激的な国際会議でした。
スポンサーサイト



<< 新たな研究課題 | ホーム | イスタンブールにて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP