FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『奄美戦後史:揺れる奄美、変容の諸相』の紹介

申請中のNPO法人「ゆいまーる琉球の自治」の理事であり、沖永良部島在住の前利潔さんが、編集・執筆にかかわっている『奄美戦後史:揺れる奄美、変容の諸相』を紹介します。

奄美諸島にとって「復帰」「開発」とは何であったのかを考えさせられます。

来月は奄美大島の平田で「琉球のシマジマの自治について話し合う」車座の集いを持つ予定です。


鹿児島県地方自治研究所編
定価2100円(本体2000円+税)
出版社:南方新社
2005年発行


奄美を知るための基礎資料
奄美の戦後史を特徴づける数々の事実がある。
奄美独立憲法草案、二島分離返還、ワトキンス文書、象のオリ、奄振、

マングース、枝手久闘争、奄美市誕生、本土の奄美人……。
本書は、揺れる奄美の変容の諸相を記録する。
知られざる事実、忘れえぬ記憶

目次

第一部 復帰問題再考

   〝阪神〟の復帰運動に至る奄美出身者の慟哭
    復帰運動史の中の南二島分離問題
    「北緯三〇度」とは何だったか
    奄美群島の分離による地域の政治的再編成と政党

第二部 戦後社会の変容と奄美

   鹿児島市のシマ
    沖永良部島の戦後史から現在をみる
    奄美開発再考
    「奄美を語る会」が語ってきたもの

第三部 奄美のいまとこれから
 
  軍事基地問題と奄美
    復帰後の奄美の変容
    奄美市誕生の軌跡
    奄美振興開発事業と産業・財政・金融の分析
    《座談会》開発の政治と復帰運動  

執筆者紹介 

大橋愛由等(神戸奄美研究会会員)
川上忠志(沖永良部郷土研究会会員)
杉原 洋(南日本新聞記者)

黒柳保則(愛知大学等非常勤講師)
本山謙二(日本学術振興会特別研究員)
高橋孝代(放送大学等兼任講師)

桑原季雄(鹿児島大学法文学部教授)
仙田隆宜(「奄美を語る会」世話人)
丸山邦明(「喜界島の豊かな自然と平和を守る町民会議」代表)

薗 博明(環境ネットワーク奄美代表)
久岡 学(南海日日新聞記者)
皆村武一(鹿児島大学法文学部教授)

前利 潔(知名町役場勤務)
平井一臣(鹿児島大学法文学部教授)
山本一哉(鹿児島大学法文学部助教授)

南方新社ホームページより
スポンサーサイト



<< 『奄美と開発―ポスト奄振事業と新しい島嶼開発』の紹介 | ホーム | 『西表民謡誌と工工四』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP