FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

学生の卒業論文とゼミナール論文に関してのお礼

私が現在在籍している東海大学海洋学部海洋文明学科の4年生による、卒業論文、ゼミナール論文の提出が終わりました。

私の研究室には7人の卒業研究学生と、15人のゼミナール論文学生が研究しておりました。
卒業研究としては、

奄美諸島の大島紬の現状と再生のための提案、高校生の視点から考えた奄美諸島の島おこし、奄美大島における環境問題と共生の可能性、奄美諸島におけるオニヒトデ産業化の可能性、

石垣島白保における環境保全と地域おこし、バヌアツの人がなぜ世界で一番幸福とされているか、ハワイ、八丈島、北海道を対象にした地域おこしイベントの比較等についての論文が提出され、大学内において発表会が行われました。

学生たちは全員、フィールドワークを行い、地元の方からお話をうかがい、自分の目と耳と肌で島の現状を把握し、考えてきました。そして、私の研究室で学生同士、私を含めた議論を行い、中には研究室で寝泊りして論文を書いている学生も何人かいました。

琉球についてゼミナール論文を書いた学生もおり、竹富島の島おこし運動、奄美諸島の開発と環境問題、沖縄島の食文化、沖縄島の基地経済、沖縄県の経済等がテーマでした。

学生達が琉球の島々において調査活動をした際には皆様から大変なお世話を受け、担当教員として心より感謝申し上げます。御蔭さまで卒業論文、ゼミナール論文を完成させることができました。

学生たちはこれから就職し社会に出ていきますが、皆様との出会い、学んだことは一生忘れないでしょうし、また、島に帰ってくると思います。

貴重なお時間をいただき、恐縮しておりますが、学生は皆様から人生を生きる上での勇気と、知恵をも頂戴したように思います。

特に奄美諸島を研究対象にした学生はみな、奄美諸島の自然や文化の素晴らしさ、人の優しさ、島おこしをされている方の熱意等について目を輝かせて私たちに語ってくれました。中には将来、奄美大島に移住したいという学生もおります。

2007年から毎年、海洋文明学科の学生は海洋実習という授業で、大学の船にのって奄美大島に行かせていただいております。そして島の方々から多くのことを学ばせていただいています。

今年1月の南海日日新聞には、久岡さんのご厚意で、現在3年生4人の文章を掲載させていただきました。心よりお礼申し上げます。

これからも島や住民の方に親しみ、生きる姿から学ばせていただきたいと思います。

スポンサーサイト



<< 夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュッ!! in 東京のご紹介 | ホーム | 「豊かな自然を守ろう!」高校生呼びかけ“島人向け”観光ツアー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP