FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島にPAC3を配備すべきではない

3月23日の八重山毎日新聞です。

中山市長はPAC3の受け入れを表明しました。落下中ミサイルは加速がつき、それを撃ち落とすとされているPAC3の命中率はほぼゼロと言われています。なぜこのようなものの配備を市長は認めたのか。かえって島を攻撃の対象にするようなものです。

、中山市長は「着弾するまでの時間を見据え、落下するおそれがある場合は、屋内に避難する措置をとらないといけないだろう」との見通しを示した。しかし、屋内にミサイルが落ちた場合はどうするのだろうか。

日本政府は、先島諸島に武器を配備して、とにかく島を戦争ができる場所にして、日本の「抑止力」に仕立てたいという意図が見えます。




4月12日から16日にかけ、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射実験とみられる「人工衛星」が石垣島上空を通過する事態に備え、石垣市は22日夕、部長ら幹部で構成する臨時庁議を開き、危機管理対策本部会議を設置する方針を決めた。防衛省が石垣島で検討を進めている地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の配備についても、受け入れに万全を期す考え。中山義隆市長は「緊張感をもって対応したい」と話している。

 防衛省はPAC3と発射機、レーダーなど関連装備を本島と石垣島に配備することを検討しているが、市によると、同日までに連絡は入っていない。配備が決まった場合について中山市長は「とれる対応は全部とっていく」との考えを示した。

 対策本部会議は、部課長を網らした災害対策本部に準じた組織とし、全庁挙げて対応することを確認。県の同会議と連動して立ち上げる予定にしており、今後県との連携を密にする。

 実際に「人工衛星」が石垣島上空を通過することが確実になった際、中山市長は「着弾するまでの時間を見据え、落下するおそれがある場合は、屋内に避難する措置をとらないといけないだろう」との見通しを示した。市は今後、住民への対応策の詳細を詰めていく。

 3市町は昨年4月までに、緊急地震速報や弾道ミサイルなどの緊急情報を瞬時に伝える総務省消防庁の全国瞬時警報システム(Jアラート)を導入しており、「人工衛星」が落下するおそれがある場合は同システムが防災無線を通じて警報を発するものとみられる。
スポンサーサイト



<< 『琉球独立への道』で過去、現在、そして未来の琉球をともに考えてみましょう | ホーム | しまんちゅスクールの開講 >>


コメント

琉球独立論賛成

宜野湾市在住のうちな~んちゅです、先生の琉球独立論の県民への拡大を恐れるインチキ右翼の連中がいますが彼らの背後にはカルト宗教団体がいます、過去に元航空自衛隊の田母神統幕長を沖縄講演会に呼んだ世界日報は統一教会の機関紙です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP