FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連人種差別撤廃委員会から日本政府への書簡

今月、国連人種差別撤廃委員会から日本政府にだされた書簡の原文です。このブログのリンクに貼り付けます。

日本政府は、基地を押し付け、新基地を琉球内に作るという形で、琉球、琉球人に対して人種差別をしているのです。

これは今現在の話です。「復帰」40年の実態です。


琉球新報の2012年3月15日の新聞です。琉球でこの記事を読んで、大変喜びました。いつものように日本政府は差別を否定するのですが、世界の人々は、差別していると思っているのです。




米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、ジュネーブの国連人権差別撤廃委員会が日本政府の見解や現状などの説明を求める書簡の送付を決めた件で、日本政府は、沖縄県民への差別を否定し、辺野古移設が最善だと回答する方針を固めた。
 14日に開かれた自民党の外交部会で外務省側が明らかにした。
 部会では、小野寺五典部会長が「もし国連が『人種差別だ』と決定した場合、辺野古移設に与える影響は小さくないのではないか」と指摘。

 外務省は「影響が全くないとは言えないが、日米両政府がしっかりと(辺野古移設に)関与していることを説明したい。勧告が出るようなことを避けたい」と述べた。

 委員会は同書簡で、普天間の辺野古移設について「琉球民族および沖縄在住の他の日本人が地域環境と生活状況に重大な影響を与えるとして大規模な反対および非難を行っているにもかかわらず、普天間飛行場の辺野古移設が提案されていることを懸念している」と指摘。東村高江でのヘリパッド建設についても「高江住民および沖縄の地方議員が継続的に反対している」と指摘し、懸念を表明している。

 日本政府の回答期限は7月末。人種差別撤廃条約の順守状況を監視する次回8月の会合で審議を行い、状況に応じて是正勧告を出すとみられる。勧告に法的拘束力はない。

スポンサーサイト



<< 与那国島で是非、住民投票をやってほしい | ホーム | 『琉球独立への道』で過去、現在、そして未来の琉球をともに考えてみましょう >>


コメント

私は本土出身の現在沖縄在の純正日本人ですが
沖縄県民に対する日本による差別が実際にあることを
沖縄に移住して来てようやく理解しました
沖縄返還後から40も経っているというのに
未だに冷戦の象徴たる米軍基地が残っていますし、
経済的にも全国最下位で、若干優遇されているとはゆえ
本土に比べると見離されている気がします
東南アジアのに近く地理的にも有望な地域であるのに
日本政府は基地としてしか見ていませんよね
東関東大震災で政府は東北の復興に追われていますが
原発問題にしても政府の地方に対する姿勢は
首都の東京以外、蚊帳の外においている気がします
まだ余震が続くかもしれない東北・関東よりも
九州や沖縄など西日本を中心に強化していく方が
日本のためにも西日本のためにもなると思いますけどね







私も差別はあると思います。官僚の中、経済界、一部日本人の中にあると思います。(高学歴でありながら無知な人々)だからこそ、拒否している基地押し付けを当たり前とする風潮を生み出し、県民の命を軽視し甘いしるは自分達のものであると考えるのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP