FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島で是非、住民投票をやってほしい

3月24日の八重山毎日新聞の記事です。

与那国町議会の田里さん、崎元さんが頑張って、自衛隊基地配備をめぐる住民投票を実施する方向に進んでいます。是非とも、住民投票を行い、自衛隊基地建設に関して島人の意見によって方向性を出して欲しいと思います。

父母や子供たちの意見を、町長や教育委員会は考慮すべきではないでしょうか。誰によって選出されているのかを忘れています。




今月中に賛否を協議

 【与那国】3月定例与那国町議会(前西原武三議長)の一般質問最終日は23日、崎元俊男氏と田里千代基氏が登壇した。

 崎元氏と田里氏がただした自衛隊基地配備の賛否を問う住民投票について外間守吉町長は「12月定例会で答弁したように賛成、反対の代表者を含めて協議していく必要がある。住民投票の実施はやぶさかではない」と述べ、改めて住民投票実施の可能性を示した。

 代表者を含めた協議は、誘致賛成の代表者が療養で長期不在のため、まだ開催されず外間町長は「できれば3月中にはやりたい」と話した。

 自衛隊配備問題では田里氏が住民説明会について質問し、外間町長は「今まで2度の説明会を開いてきたが、自衛隊反対の活動家の発表の場となっているので、今後も説明できるような状況は難しい。町単独での開催は予定していないが、紳士的に話し合っていけるのなら対応を考えたい」と話した。

 崎元氏は「教科書採択問題で与那国町の保護者から町教育委員会が告訴を受けているが、裁判に負けた場合はどのように責任をとるのか」と質問。

 崎原用能教育長は「2人の生徒のために、他の多くの生徒に教科書が行き渡らないという道理はない。教育を受ける権利は憲法で定められているが、教科書を採択する権利は父母や子どもたち、県や国には認められておらず、地域の教育委員会にしか認められていない。勝ち負けの責任を問うより相互性を正しくやりたい」と述べるにとどめた。
スポンサーサイト



<< 3月30日、早稲田大学で報告します | ホーム | 国連人種差別撤廃委員会から日本政府への書簡 >>


コメント

琉球独立論を批判するエセ(偽装)右翼

はいさい、ニーファイユー、私は仕事で小浜島に住んで
いた事があります、松島泰勝先生いつも有益な情報ありがとうございます。

琉球独立を批判するエセ右翼、米国軍需産業から雇われた工作員がいますので、ご報告致します。

<■【危険!要注意】「琉球自治共和国連邦独立宣言」をした団体>
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/s/%B4%EE%B5%D7%CE%A4


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP