FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「沖縄・希望21」の問題性

私の琉球人シンカーが勇気を持って「沖縄・希望21」建設準備委員会に公開質問状を送り、次のような返事が返ってきました。下線部以下を読んで下さい。

京都、滋賀でも、福島の人たちが移住してきていますが、琉球は日本の植民地であり、他の都道府県と同じではありません。植民地にこれ以上、植民者を送りこんではいけないのです。しかも計画的に、受け入れ移設を作り、言葉巧みに琉球人をコラボレーターにして。

植民地に計画的に植民者を送り込むという植民地計画が「沖縄・希望21」の内容です。
広河氏は、パレスチナ問題についても写真をとり、発言してきました。イスラエルがパレスチナ人居住地にユダヤ人を入植させていることと同じことを、琉球においてやろうとしているのです。そのことを、この日本人は分かっていない。

琉球は日本の植民地であることを認識して、日本人は琉球人と向き合ってほしい。





「沖縄・希望21」(仮)建設準備委員会

(DAYS被災児童支援基金 未来の福島こども基金)御中

拝啓

私は、沖縄島在住の琉球人です。



貴委員会の「保養所施設建設企画書(案)」を拝見し、大変な違和感を持ちましたので、メールさせていただきます。



「企画趣旨(案)」によると、保養所の建設場所が沖縄である必要性の理由は、「この土地の海と太陽」ということですね。いつでも「地勢」的に日本(ヤマト)に利用されてきた沖縄の歴史が、ここにも連綿と続いていることを感じます。



「資金案」の「ここがダイビングの名所であることを宣伝し、支援者にたずねてもらう」という文言にも、唖然としました。なぜ日本人が、琉球の海を勝手に利用するのですか?



ところで、日本(ヤマト)には、海や太陽はないのでしょうか。 日本各地には古くから素晴らしい保養所がいっぱいあるのではないですか? そちらの人々と協力するという発想はなかったのですか。



今、沖縄では、「復帰」40周年ということもあり、自分たちが同化されてきたことを自覚し、自らのアイデンティティを取戻そうという機運が高まっています。



止まるところを知らない、移住者やヤマト企業の、社会的・経済的支配によるストレスは、私たち琉球人を疲弊させており、それらへの不信感も強まっています。



そういうところへ、例えば「資金案」にあるような「10件ぐらいの団体の現地事務所(例:DAYS沖縄事務所開設)」などというのは、私にはとても受け入れがたいことです。



また、本来ならば、傷ついた人々を助けるのであれば、その地元での主体的な動きが必要だと思います。



もし例えば、沖縄で保養所で建設するのであれば、沖縄在住の琉球人が主体的に動かないと成果はでないでしょう。



このようなかたちで、東京の出版社を中心とした委員会が持ち込んだ企画で、本当に福島の人々を幸せにすることができるでしょうか?



私を含め、少なくない「地元」・琉球の人間が違和感を持っており、全面的な協力は得られないと思います。



また、もし、琉球人からの十分な協力が得られないということになれば、その場合は、「善意ある、ボランティアの」日本人が数多くやって来て、琉球社会をズタズタにしていくのでしょう。



ズタズタになった琉球社会で、福島の子どもたちが幸せになれるとは思いません。



福島で被災した児童のためにも、この企画は取りやめていただきたいと思います。



沖縄は沖縄で、福島のために様々な活動をしています。日本人は、日本の中で出来ることをしっかりやって下さい。

敬具




② 広河氏からの返信(2012年3月26日)



ご連絡ありがとうございました。



まずお手元にある企画書の仮文書は、その後何度かすり直しをしまして変わっております。そして今は現地の人の住民と町役場といっしょに企画を進めています。最新版の企画書はまもなく発表する予定です。



地元のためになるかどうか、地元が歓迎していただける企画になるかどうかについて、さまざまな話し合いを持ちました。そのうえで地元の方々の中で、これを歓迎するという声が強くなり、企画が具体化する価値となっております。



もともとこの企画は、沖縄の人の提案と私たちの思いが重なったところから始めました。最初に大田元知事にご説明した時に、大田さんが積極的にこの企画を指示したいとおっしゃっていただき、それが琉球新報に記事として掲載された時に、いくつもの沖縄の方々から提案をいただきました。しかし土地の提案をしていただく方の意向が、必ずしも地元の意向と重なるわけではありませんので、そのあたりには注意をしてきました。



 しかし現在は、この計画に最も積極的を歓迎し、それが地元の子どもたちにとっても、地元を活性化させるうえでもいいことだと考えておられる方々のもとで、企画を進めております。



<「資金案」の「ここがダイビングの名所であることを宣伝し、支援者にたずねてもらう」という文言にも、唖然としました。なぜ日本人が、琉球の海を勝手に利用するのですか?>



仮の案の段階では、その時候補になった地元の方々からそのような声があったので、この文章を掲載しました。現在は外してあります。最新の案には次のような文章を入れてあります。



「沖縄には特別な歴史があることを配慮しなければならない。様々な問題を沖縄に押し付けるとみられることには、注意しなければならない。



lこの企画は地元を配慮し、地元の人々と一緒に進め、地元の人々にとっても利益となると感じてもらえることが、子どもたちの支援を長続きさせるポイントであると考えたい。またこの企画はいっさい利益を目的とはしない」



<今、沖縄では、「復帰」40周年ということもあり、自分たちが同化されてきたことを自覚し、自らのアイデンティティを取戻そうという機運が高まっています。止まるところを知らない、移住者やヤマト企業の、社会的・経済的支配によるストレスは、私たち琉球人を疲弊させており、それらへの不信感も強まっています>



おっしゃっていることは、可能な限り理解しているつもりです。私たちの月刊誌DAYS JAPANでは、多くの沖縄の歴史、基地についての記事を掲載してきました。執筆していただいているのはほとんどの場合沖縄の方です。私たちは特に基地問題に対する日本政府の立場に対する批判を行っています。



<そういうところへ、例えば「資金案」にあるような「10件ぐらいの団体の現地事務所(例:DAYS沖縄事務所開設)」などというのは、私にはとても受け入れがたいことです>



この計画も地元の人との話で出てきたことでしたが、現在は取り下げております。



<また、本来ならば、傷ついた人々を助けるのであれば、その地元での主体的な動きが必要だと思います。もし例えば、沖縄で保養所で建設するのであれば、沖縄在住の琉球人が主体的に動かないと成果はでないでしょう>



異論はありません。今回計画を進めているのは、地元のひとびとが、私たちが驚くほどの積極性で計画にかかわってくださっている場所です。



<このようなかたちで、東京の出版社を中心とした委員会が持ち込んだ企画で、本当に福島の人々を幸せにすることができるでしょうか?



私を含め、少なくない「地元」・琉球の人間が違和感を持っており、全面的な協力は得られないと思います>



地元の歓迎を得られない場所では、私たちは計画を推進するつもりはありません。



しかし、おっしゃっておられる根本的な意図は、今後も十分に理解していかなければならないことと考えています。それは歴史の問題であり、支配の問題だと理解しています。



ただ今回の企画は、大田元知事はじめ沖縄の方のご協力やご推薦と、地元の人々及び自治体の理解を得られて進めてきたものですので、・・・・・さまのご理解も得られましたら幸いです。



よろしくご配慮をお願いします。



広河隆一

                                               敬具
スポンサーサイト



<< 「沖縄希望21」とは何か | ホーム | わったー「沖縄研究」のジレンマ >>


コメント

ヨーロッパの古い文献にも航海中に何かしら問題が起きた場合、琉球人に頼りなさい助けてもらえるからと。県民の、もてなしの心、寛容な心は昔も今も変わらないと思います。沖縄が好きで転入されてきた方々を拒否する事は本土がしてきた事と変わりません。長い間耐えてきた沖縄県民だからこそ被災者に寄り添う事ができるように思います。貴方の気持ちも少しわかる気がします。基地問題のように沖縄県を悪者し責任転換してきた事からも。県外者、県民関係なく悪い事は悪い、良い事は誉め称える関係が良い方向性だと考えます。

松島さんもご一緒すれば?

松島さんもご一緒すれば?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP