FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「沖縄希望21」に対する島袋マカト陽子さんの公開意見書

植民地主義下にある琉球の琉球人である、島袋マカト陽子さんの公開意見書です。この怒りの声が広河氏、賛同人たちに聞こえるでしょうか。琉球人と向き合って下さい。話し合って下さい。なぜ、琉球人は日本人にこのように頼まねばならないのか。


「琉球のことを理解している」と思われてきた「文化人、知識人、著名人」は、島袋さんの声を無視するのでしょうか。琉球と日本の植民地主義関係についてどのように考えるのでしょうか。




DAYS JAPAN 広河隆一様


保養地建設は久米島で進められることを一昨日、知りました。大田昌秀さんが関わっていらっしゃるから、もしかしたらとは思っていましたが。
私の問いかけに対するお返事をいただいてから、どうお話したら、ご理解いただき、沖縄での保養地建設を撤回してくださるのか,考えていました。

先日の返信メールでは、

1、 福島の子どもの保養地建設の必要性を考えていた時、沖縄の友人から沖縄にどうですか、と声がかかった。
2、 沖縄は福島の人々の疎開について他県よりも積極的に取り組んでいる。
3、 大田昌秀さんに会ってお話したら、沖縄で推進してほしいと全面協力を約束してくれた。
4、 琉球新報にその事が掲載されたら沖縄各地から申し出があった。
5、 大田昌秀さんから離島(久米島)に知り合いがいて招請したいと言っている、と。
6、 沖縄の友人が,広河さんの代理で島を訪ねたら役場や島民の歓迎を受け,是非にといわれた。

ここで言われていることは、始めから保養地は沖縄、と決めて計画を立てたのではなく、
沖縄側が誘致した形だ、ということですね。

そして、島(久米島)の役場関係者は以下のように考えている、と。

1、 島ではすでに福島の人を受け入れておりそれが島民にいい結果をもたらしている。
2、 廃校になる学校がいくつかあり、そこを利用すれば廃校を避けられるかもしれない。
3、 島の子どもたちのためにも交流は望ましい。
久米島に、島民にとっても利益になる、ということですね。

私は、(広河さんが考えている)沖縄側が歓迎し、地元にとっても利益になるなら、沖縄での保養地建設は可能であり、許される、とは考えていません。

日本の植民地から早く脱却し、琉球人が主権を持って琉球弧の平和を築いていくことが、核のない、戦争のない地球を実現することの、第一歩と私は考えています。ですから、もう、これ以上植民者・ヤマトゥ=ヤマトンチュは琉球に入ってこないでほしいと思っています。ヤマトゥの問題を琉球に持ち込まないでほしいと思っています。
広河さんの娘さんご一家も今帰仁に移住されていると伺いました。

辺野古、高江はご存じの通り、そして、八重山で、与那国で、宮古島で、ヤマトゥから持ち込まれた問題のせいで分断された住民たちが、対立しあっています。本来、助け合い、その地で暮しを豊かにしあってきた者同士が、子子孫孫にも響くのではないかと思えるような争いをしています。

沖縄の森林・原野・海岸の土地はヤマトゥの土地屋に買い占められ、リゾートに売却され、基地から離れた場所は
ヤマトゥの移住者の別荘地・集落となっています。石垣島の日本人集落、宮古島のナイチャー通り、そして今帰仁も同様に。役所や、新聞社の職員・社員の半数(半数以上という説もある)はヤマトンチュという噂も聞いています。

広河さんは、企画書(案)の中で、「注意すべきこと」として、
「沖縄と日本本土の間には特別な歴史があることを配慮しなければならない。さまざまな問題を沖縄に押し付けるとみられることには注意しなければならない。(非常に微妙な表現ですが、今は突き詰めません)」と書かれています。

そこまで分かっていらっしゃりながら、起こるであろう状況を想定しながら、うまく根回しを始め、そして沖縄側が歓迎し協力しているからといって、計画を進めようとしていることに、狡猾さを感じます。
地元の協力者があり、地元(地元の一部分)に利益があるから、良いというものではありません。(「琉球処分」の時、処分官・松田道之に協力・推進した琉球人もいます。)

琉球弧はヤマトゥが勝手にして良い土地ではありません。
離島の子どもたちが、生まり島で教育をうけ、島民が医療の貧困に苦しめられることなく、学び、働き、生き抜ける(行き終える)島であることが本来、実現されるべきなのです。

与那国島では、島の活性化のために自衛隊配備を歓迎するという事態になっています。自衛隊誘致より、保養所建設は、救われる気がしているのかもしれません(住民は)。

しかし琉球が植民者に、また侵略されることでは同じです。優しい琉球人はこのようにして402年間ヤマトゥに好きなように扱われてきたのだと思います。

もし、琉球の歴史がわかっていらっしゃるなら、琉球側から進められても断り、琉球が琉球であるように、協力し、力を尽くすべきと、私は思います。

この計画を、私は見過ごすことはできません。
ご先祖や子子孫孫のために。琉球が琉球であるために生き、死んでいった琉球の命・魂のために。地球の平和の実現の一歩として、琉球弧がヤマトゥの植民地から脱却し、独立するために。

この事について、広河さんのご見解をお聞かせください。

2012.3.28

島袋マカト陽子

<< 植民地主義下にある琉球の政治経済ー琉球の脱植民地化を目指して | ホーム | 植民地関係をそのままにして経済発展はない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP