FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

植民地主義下にある琉球の政治経済ー琉球の脱植民地化を目指して

昨日は、早稲田大学で行われた「復帰40年国際シンポ」で報告しました。

琉球がなぜ植民地であるのかを、歴史的、法制度的、軍事的、政治経済的に指摘した上で、「復帰」「復帰体制」の意味を提示しました。その上で、振興開発がいかに琉球の植民地支配を強固にしており、植民地主義を脱しない限り、琉球の経済自立は実現しないと論じました。

さらに、「沖縄学」の意味、脱植民地主義と「沖縄学」との関係、「琉球VS日本」という植民地主義関係をなぜ日本は直視したがらないのか、その関係性を壊し、新たな対等な関係性をつくることが、琉球の将来像構築の第一歩であることを強調しました。

最後に、「研究のための研究」に終わるのではなく、「琉球人解放のための研究」としての「沖縄学」をつくるには、琉球の「市民活動」と研究を融合し、両者の往復により、琉球の脱植民地化を目指す必要があると述べました。

富山大学の教員で、島嶼平和学を専攻されている佐藤幸男先生からも貴重なコメントを頂戴しました。インド洋にある、島々、セーシェル、ディエゴガルシアなどが琉球と直に関係しており、琉球は国際政治の底流となっている。

日米同盟を基盤にした未来像から、地域を基盤にした未来像の提示の重要性。パレスチナのインティファーダは「意義申してて」という意味であり、世界中でいまインティファーダが行われ、琉球の日本への「怒り」もその中にある。東アジアにおける琉球の「怒り」が希望の光を意味するとジョン・ダワーが述べた。格差、覇権へのインティファーダ。「もうがまんできない」という限界にまで琉球は追い詰められている。

「生活者としてのナショナリズム」とは何か、「琉球の来るべきデモクラシーはどのようなものになるのか」ケインズは「資本、開発によるきれいな道は地獄につながっている」と述べた。

会場には上原正信さん、那覇高校の同級生で映画監督をしている喜屋武さんや、そのほか、初めて会う方々と話すことができました。石垣島のご出身で、島の名前を変えて東京で生活されている方との話が印象的でした。

真喜屋さんにも私の近著を紹介してもらい、にーふぁーいゆー。
川瀬先生のご報告も、実証的な振興開発批判で、大変示唆的でした。

交流会では、司会をされた江上先生、沖縄キリスト学院大学の本浜、出版社の方、NHKの方、黒川先生、そして報告者3人、佐藤先生で、韓国料理を食べ、意見交換をしました。大変、刺激的な夜でした。


私の報告に対する意見、感想、批判がある方は、このブログ、またはメールにてお伝えください。私の、活発な議論から学びたいと思っています。
スポンサーサイト



<< 『民際学の展開ー方法論、人権、地域、環境からの視座』の出版 | ホーム | 「沖縄希望21」に対する島袋マカト陽子さんの公開意見書 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP