FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『民際学の展開ー方法論、人権、地域、環境からの視座』の出版

私が編著させていただいた本が出版されました。執筆者の方々には4月中には本が大学から送られてくると思いますので、お待ちください。執筆者、研究会に参加して、議論をして下さった方々に心よりお礼申し上げます。





『民際学の展開 方法論、人権、地域、環境からの視座』

龍谷大学社会科学研究所叢書 第95巻

松島泰勝/編著 出版社名 : 晃洋書房
出版年月 : 2012年3月
ISBNコード : 978-4-7710-2351-2
(4-7710-2351-4)
税込価格 : 2,940円
頁数・縦 : 273P 22cm



商品の内容[要旨]

当事者としての民衆は自らが抱える、どのような諸問題を研究課題とするのであろうか。生活者としての当事者が直面する諸問題は、個別的、具体的な状況の中で発生し、展開している。よって民際学の研究も具体的な人、状況、機関、場所、組織などに基づいた具象性の強い内容となる。

[目次]

当事者の学問としての民際学の可能性;
第1部 民際学の方法論
(越境する民際関係―当事者の科学と人びとのくらし;
土法科学と生活者;河上肇と民際学;
マーケティングの現在から見た民際学の課題);

第2部 民際学と人権
(外国人の人権と民際学;
ケアと民際学―高齢中国帰国者へのケアネットワークの形成;
大学と大学中退者の貧困の関係をめぐる民際学的考察―ある大学中退者の聞き取りを通じて);

第3部 民際学と地域(京都における民際学的実践;住民と協働する未来学的実践―パラオにおける気候変動への対応から;
志布志湾開発と住民運動―民際学の視点から見る研究者と住民運動の関係);

第4部 民際学と環境(環境・開発・民際学;
ツバルと琉球による民際交流の可能性―島嶼民として海面上昇問題にどのように取り組むのか)


著者紹介松島 泰勝 (マツシマ ヤスカツ)  

1963年琉球・石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。那覇高校、早稲田大学政経学部卒業後、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。博士(経済学)。在ハガッニャ(グァム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門調査員として勤務。東海大学海洋学部准教授を経て、龍谷大学経済学部教授、NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

スポンサーサイト



<< 琉球人の精神的独立のための試みが始まります | ホーム | 植民地主義下にある琉球の政治経済ー琉球の脱植民地化を目指して >>


コメント

ありがとうございました

松島さま

 本日たしかに拝受いたしました。『琉球独立への道』とあわせて、連休にゆっくり拝読いたします。
 とりいそぎおれいまで。

Re: ありがとうございました

ましこさま

『琉球独立への道』をご購入くださり、感謝します。ましこさんからもご著書を頂戴し、心よりお礼申し上げます。
刺激になります。
今後ともよろしくおねがいします。

松島泰勝

> 松島さま
>
>  本日たしかに拝受いたしました。『琉球独立への道』とあわせて、連休にゆっくり拝読いたします。
>  とりいそぎおれいまで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP