FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あまみ庵の森本さんにつきまして

2年前、奄美大島に行った際、初めてあまみ庵の森本さんにお会いしました。森本さんには奄美諸島を理解する上において非常に重要な多くの方を紹介して下さりました。

また昨年の海洋実習のときには、店頭にて奄美諸島の歴史と文化についてお話をして下さりました。また、島のカーサムーチーを学生たちに与えて下さいました。心よりお礼申し上げます。

森本さんとお酒を飲んだ際には、奄美諸島と沖縄諸島・八重山諸島との違い、奄美の独立、そして、おがみ山を中心とする名瀬市街地の開発反対等、多くのことをお話下さいました。

また森本さんが尊敬される親里さんにもご紹介くださいました。親里さんには、ご自宅において、島尾敏雄の問題性、島の研究の在り方、経済学の問題性等、多くを教えて下さいました。

あまみ庵に行くと、心が豊になるのは、奄美諸島関連の著作が非常にたくさんあることです。その一つ一つについて森本さんがご紹介して下さいます。

森本さんは島尾敏雄の「ヤポネシア論」を批判する論考を書かれています。外から奄美諸島を規定し、認識し、支配する動き、考え方に対して鋭く批判されています。

島尾批判は南琉球ではあまり聞かれないことですので、非常に新鮮であり、一つの考え方を絶対化しないものの見方を学んだ気がしました。

あまみ庵につきましては、本ブログでもリンクしておりますので、ご覧ください。あまみ庵の「店頭から」において、名瀬市街地の再開発事業についての記述があり次に転載させていただきたいと思います。

本当に開発が島の人間にとって必要なのか。財政、自然、生活、生き方において、大規模開発が島社会に与える問題性を指摘していると思います。

島の人間自身が声を上げないと、島は他者のための場所になってしまうでしょう。島は面積が狭いので、開発の影響は大きな範囲に及び、取り返しがつなかくなります。





鹿児島にいってきた
第5回「奄美のまちづくり検討委員会」の傍聴のため

「全線トンネル」提案へ
拝み山バイパスルート変更
名瀬港整備 一期工事は推進
地元の想定路線に帰結
(以上、南海日日新聞の見出しから)

各事業は『実施すべき』
拝み山バイパス 自然配慮した全線トンネルで
(以上、奄美新聞の見出しから)

拝み山トンネルの事業費、160億円
名瀬港整備費、、30億円
計190億円

これに、末広港区画整理事業(100億円)を加算すると
約300億円の「みなとまちづくり事業」である

① 財政破綻寸前の奄美市・鹿児島県・日本国の将来ビジョン
② 各事業の費用対効果と整合性

③ 計画に対する地域住民の合意形成
④ 世界的環境面からの配慮の欠如
 等々

矛盾だらけの「事業のための事業」が
こうしてまたもや実施されていくのだが
その責任はだれがとるのだろうか?

その解答は地球の環境問題などと根が同じだろう
結局は、やはりわれわれ自身にある
オカミになにをやられても声をださ(せ)ない
環境と資源の浪費に四六時中どっぷり浸かって
うたたねを繰り返している
われわれ自身に!


スポンサーサイト



<< グアムの台風 | ホーム | 夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュッ!! in 東京のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP