FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PAC3配備によって石垣島の平和、生活が破壊される

3月31日の八重山毎日新聞の社説です。

石垣島へのPAC3配備により、修学旅行がキャンセルされたという。9.11後におおぜいの観光客がキャンセルした状況と似ている。日本は本気に外交努力をして、関係諸国と協議をし、北朝鮮を説得したのか。韓国に行ったのだ総理は関係諸国と会談していない。

消費税増税に忙しく、ミサイル発射中止の外交努力をほとんど行わず、迎撃ミサイル装置を石垣島に配備しようとしている。

島嶼経済の柱である観光業、その関連産業は大打撃を受けるだろう。日本政府はその損害賠償をするのだろうか。
PAC3の配備は、先島諸島をミサイルのターゲットにするだけでなく、島の経済も混乱させるものとなろう。基地は住民を守らず、経済を発展させないのです。




惑千万な北朝鮮「人工衛星」

■平和な島に国際問題の火の粉
 国際社会の深刻な問題が、八重山に降ってきた。北朝鮮の人工衛星と称する長距離弾道ミサイルが、石垣市や西表島の上空を通過するというのだ。

 北朝鮮は国際海事機関(IMO)に対し、4月12日から16日の午前7時から正午の間に発射すると通告、国際社会の説得にも応じない。それどころか正当性を主張、ロケットを迎撃すれば宣戦布告とみなす、と挑発的である。

 北朝鮮は2009年にも衛星として長距離弾道ミサイルを発射、日本上空を飛び越し、太平洋に着水させた。ミサイル開発技術と人工衛星のロケット技術は同じで、ロケットに爆弾や核を載せるのか、衛星を積むかの違いである。

 国際社会の抗議を突っぱねて強行に打ち上げた「衛星」というものは、どの国の観測機器も補足していない。瀬戸際外交を繰り返してきた北朝鮮に、「衛星打ち上げ」を純然たる宇宙開発技術実験と思っている国はないだろう。国際社会は兵器力を誇示して国威発揚、新指導者のアピールの手段と見ている。

■強硬姿勢変えぬ北朝鮮
 今回の衛星の打ち上げも事実上、長距離弾道ミサイルの発射で、専門家は射程距離をグアムまで延ばして米韓日をけん制するものという。そのミサイル1段目の燃料タンク部分は韓国西方沖、2段目をフィリピンのルソン島東海上に落下させるというが、石垣島の上空を通過するルートだけに住民は穏やかでない。

 国連安保理決議違反として自制を求める日米韓を中心とする国際社会に、北朝鮮は真っ向から反発、中止する姿勢はない。今回は同国に寛容な中国やロシアも明確に反対の姿勢を示し、中止を求めている。

 しかし、北朝鮮は聞く耳を持たない。発射を強行し、故金日成(キムイルソン)主席の生誕100年祭で国民に軍事力を鼓舞、新指導者の金正恩(キムジョンウン)氏の指導力を誇示するものと見られる。

 郡民にとって、身勝手なミサイル打ちあげは迷惑千万である。外交努力で何とか回避してほしいが、これも難しい情勢だ。例え爆弾を搭載していなくても、どこに部品が落下するのか分からない。

■八重山に大きなダメージ
 石垣市では、昨日まで自衛隊の迎撃ミサイルPAC3の配備地調査が行われた。その地は八島町の新港地区が最有力という。田中直紀防衛相は30日、にも自衛隊法に基づく「破壊命令」を発令、部品落下の不測の事態に備える体制に入った。近海には海自イージス艦も配備される。

 この平和な島にミサイルが持ち込まれるのは残念でならない。いやおうなしに国際問題に巻き込まれ、住民は戦時中、防空壕(ごう)に隠れた先人と同じ経験をすることになる。

 北朝鮮ミサイルの部品が落下すれば危険が及び、迎撃すると国際紛争の火種になる。

 この騒ぎですでに本土からの修学旅行のキャンセルがあり、北朝鮮が発射を通告している期間中、航空機の運航時間もどのようになるのか分からない。漁業も住民生活も制限される可能性もある。

 島の基幹産業である観光も大きな影響を受けることになる。これは誰も望まない。国は発射を回避するよう最後まで外交努力を重ねてほしい。

 この問題は今後も尾を引く恐れも含む。先島防衛の論争にも拍車をかけかねない。私たちは平和な島を望んでいるのである。
スポンサーサイト

<< PAC3,沖縄島、宮古島に初めて上陸 | ホーム | 基地の周りにクリアゾーンをつくらない日米両政府 >>


コメント

松島先生、日本の政治家は売国奴だらけです
野田総理、前原議員等、松下政経塾出身は伝統的
にホモが多いと発表したジャーナリストもいます。

石垣市の中山義隆氏は「客家人」との噂もあり
ますが如何でしょうか?好戦的な人物です

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP