FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PAC3,沖縄島、宮古島に初めて上陸

4月4日の琉球新報の記事です。

沖縄島と宮古島に初めてPAC3が上陸しました。
島嶼防衛の強化、実体化が着々と進められている。

それに伴い、自衛隊も約800人が新たに配備される。PAC3が配備されない与那国島にも50人がくるという。

県幹部が北朝鮮に対し「毅然とした態度を示す」といっているが、そのような態度を示し、ミサイル攻撃の対象となって島々が爆破されたらどうするのだろうか。




北朝鮮の「衛星」打ち上げに備え、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が県内に初めて搬入された3日、那覇港浦添埠頭(ふとう)と宮古島市の平良港下崎埠頭でPAC3を積んだ船舶から関連車両が続々と姿を表すと“有事”の雰囲気が漂った。

「衛星」対応で県内に派遣される自衛官は約900人と大規模であることが判明したが、同省は人員数を公表していない。どの程度の規模が適しているか、根拠が乏しいまま、配備を進める状況は、防衛計画大綱などを基に同省が進める南西諸島強化の“地ならし”にも映る。県や自治体は協力姿勢を示しつつ、自衛隊との距離感に戸惑いも浮かぶ。

 PAC3とともに、自衛官が石垣島に450人、宮古島に200人、本島の航空自衛隊那覇基地と知念分屯基地(南城市)に各100人配置される。PAC3が配備されない与那国に陸上自衛官ら50人が入る予定だ。

■レーダー使用前倒し
 3日に防衛省と内閣官房、消防庁が県庁で開いた県内市町村などへの説明会では、今年夏以降に運用開始予定としている空自那覇基地与座岳分屯基地(糸満市)の新警戒管制レーダーFPS―5を前倒しして使用する意向が示された。

 同レーダーは弾道ミサイルを探知・追尾する。担当者は供用開始までさまざまな試験や手続きがあるが、それをクリアした上で使いたいとした。一方、宮古島と久米島、沖永良部の自衛隊基地のレーダーも機能に応じて使う考えを説明。PAC3や自衛官を派遣する地域に配置する連絡調整員を多良間島に置くことも明らかにするなど、より大掛かりな作戦であることを印象付けた。

 南西諸島の防衛力強化を打ち出している防衛省が「衛星」打ち上げを好機と捉える思惑も垣間見える。同省関係者は「通常の部隊配備とPAC3配備は違う」としつつも「今後、自衛隊が受け入れられやすくなるとの期待がある」と力を込める。一方、政府高官は「それはうがった見方で、淡々とやっているだけ」と強調した。

■過剰な警戒感持たず
 関係自治体にとって「衛星」落下の可能性が示されれば、「大げさ」と言えない状況もある。「(今回のPAC3配備は)防衛省のやり過ぎ」との指摘があることを認識した上で、県幹部は「そう言える判断材料を持ち合わせていない」と冷静に語る。

 この幹部は「北朝鮮がどう動くか分からない。楽観的でもなく、かといって過重な警戒感を持たずに政府と協力していきたい。北朝鮮に毅然(きぜん)とした姿勢を示すことも必要だ」と述べた。
スポンサーサイト



<< ハワイのうちなーんちゅと  Skype(スカイプ)さびら | ホーム | PAC3配備によって石垣島の平和、生活が破壊される >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP