FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旧少年会館取り壊しに反対します

先の日曜日、旧少年会館に行き、座り込みと集会に参加しました。
南灯寮の先輩である、嘉手納さんと会うたびに、久茂地小学校廃止、少年会館の廃止の問題を訴えていました。街から子供たちが消えたら、久茂地には人が生活できなくなります。行政と日本企業が結託して、金儲けの街にしようとしています。「復帰とはなんであったのか、米軍統治時代とは何であったのか」を考える空間としての旧少年会館は琉球人にとって必要な場所です。

振興開発により、すでにあるものを改修して使うのではなく、取り壊し、新たに作るという方法がまかり通り、
立法院ビルも反対運動があったにもかかわらず、なくなりました。

このままでは那覇は歴史を感じられない、薄ペラな、人工的な街に成り下がってしまいます。





沖縄少年会館
日本復帰前の1966年全国からの寄付金で建設された沖縄少年会館の建物が今壊されようとしています。私たちは、復帰前の沖縄の歴史文化を伝えるために保存活用すべきだと訴えています。
構造的にも改修は可能ですが、那覇市は公用車の駐車場にするために解体を急いでいます。

ニュース610の復帰40周年特集「変わろう沖縄残そう沖縄」の3月22日版ですが
県外の方&見逃した方も多いと思いまして、録画をyoutubeにアップしました。
http://youtu.be/5WI3GTZ9F_Y

スポンサーサイト



<< 帝国に抗い、脱植民地化を実現​するための取り組み | ホーム | 今日、琉球に帰国します >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP