FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムの台風

私は1997年から2000年まで、グアムに2年間、パラオに1年間住んでいました。1999年に沖縄タイムスの唐獅子というコラムに連載した小論を掲載したいと思います。

グアム、パラオでの生活、調査研究、その後の調査を踏まえて書いたのが『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』(早稲田大学出版部)です。

琉球とミクロネシアとは政治経済、歴史、軍事、基地、戦争、開発等の多くの点で共通性をもっており、互いに学び、協力することができる島嶼同士だと思います。

本NPOも琉球の島々と太平洋諸島の人々との交流も考えた活動を行っていきたいと考えています。


『沖縄タイムス』1999年9月23日

 日本に来襲する台風の多くはミクロネシアのポンペーイ島付近で誕生し、グアム、琉球列島を北上するといわれている。パラオは台風の通路からはずれているためにほとんど台風がこない。

私はグアムに住んでいた時に、史上最大規模といわれる台風に遭遇した。それは1997年の12月中旬であり、最大瞬間風速が104メートル/秒であった。

石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島で多くの台風を経験したことのある私だが、グアムの台風には度肝を抜かれた。

 当時13階建てのアパートの9階に住んでいたのだが、強風は建物全体を揺らし、窓ガラスは膨張し、アルミサッシの隙間から雨水が吹き上げるように流れ込み、絨毯の殆どが水浸しとなった。

夜の7時頃から朝方まで部屋が揺れ続け、いつ窓ガラスが割れてもおかしくない状況が続いた。この世の物とも思われない風の音でまるでホラー映画のような一夜を過ごしたのであった。

 超大型の台風が来ると聞いて沖縄に電話した。沖縄気象台で働いていた父親のアドバイスと、母親の励ましの言葉を聞くことができ、不安な状況の中で心に大きな支えを得た。

 朝になり廊下にでてみて更に驚いた。駐車場にあった数十台の車がひっくり返り、互いに重なっていた。大型アンテナ2台は跡形もなく、ゴルフ練習場の網も吹き飛んでいた。

同じアパートの住人に話を聞くと、多くの部屋で窓ガラスが割れ、怪我をした方も何人かいた。さらに、強風が海側の窓ガラスを割り、部屋の壁を突き破り、廊下側の窓ガラスを突き破ったケースもあった。

街に出ると椰子の木や電信柱が倒れ、トタン屋根の民家が崩壊していた。また、殆どのホテルでガラスが割れたり、絨毯が水浸しにとなったり、中には営業停止に追い込まれたホテルもあった。

台風の後、約1ヶ月間、停電、断水が続いた。 大災害により不自由な生活を余儀なくされたが、グアム住民、近隣諸国の人々の協力により現在では大災害の跡形もない。 
スポンサーサイト



<< パラオのゆいまーる | ホーム | あまみ庵の森本さんにつきまして >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP