FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

学生たちは海外で何を考え、学んだか

今日、龍谷大学で次のようなイベントがあります。学生たちが海外​で何を発見し、考え、行動したかを議論したいと思います。





ボランティア・NPO活動センターは、2011年度春期休暇に実施した、体験プログラムの報告会を開催します。それぞれのプログラムに参加した学生が、そのプログラムでの体験を通して学んだことをまとめて報告します。

 参加費の一部補助があり、本学学生にとって大変参加しやすいプログラムです。
 2012年度夏期休暇にも開催を予定しているので、少しでも興味のある人はぜひその体験を聞きに来てください。

日 時   2012年4月24日(火)17:30~19:00
場 所   深草キャンパス21号館401教室
内 容   2012年度春季海外体験学習プログラムの参加報告
      
      (1)テ ― マ 「スマトラ島沖地震大津波から7年。
               津波被災地の今を訪ねる。津波復興タイ
               感ツアー」
         訪問国・期間 タイ王国 9日間 

      (2)テ ― マ  「貧困の中で生きる人々と出会い、向き合
               う旅」
         訪問国・期間 フィリピン共和国 12日間

      (3)テ ― マ  「世界の屋根ヒマラヤの国
         環境を守る「バイオガスプラント」支援活動」
         訪問国・期間 ネパール連邦民主共和国 8日間
  

【お問合せ先】
ボランティア・NPO活動センター
     深草キャンパス 075-645-2047 (1号館1F)
     瀬田キャンパス 077-544-7252 (青志館横)
     E-Mail:ryuvnc@ad.ryukoku.ac.jp
スポンサーサイト

<< ゆいまーる琉球の自治in徳之島プログラム | ホーム | 「復帰」を教える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP