FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオのゆいまーる

パラオは人口約2万人の独立国家です。経済成長をするために独立したのではありません。自分たちの文化、自然、生活スタイルを守るために独立したと考えます。

パラオでも琉球と同じく、ゆいまーるがみられ、生活にとって欠かせないものになっています。パラオのゆいまーるから琉球人が学ぶべきことも多くあります。

小論「パラオのゆいまーる」という文章が1999年8月26日の『沖縄タイムス』に掲載されましたので、ご紹介します。


パラオでも沖縄と同じように住民の相互扶助が根強く存在している。相互扶助は、パラオでは一般に「シュウカン(習慣)」と呼ばれている。

女性にとって人生最大のイベントは第一子のお披露目である。第一子出産をもって夫婦の結婚は初めて人々から正式に認知され、新妻となる。

夫方の親族からは石貨幣、亀甲細工などの伝統的貨幣とともに米ドルが贈られる。そのほかの親族や友人からも祝儀が渡され、新夫婦はそれを新生活のための資金とする。

第一子を生んだ直後、新妻は約2メートル四方の小部屋の中で薬草を混ぜた熱湯を体にかける行事を数日にわたって行う。産後の女性の体を丈夫にするためだ。

この行事は新妻の属するファミリーのランクが高ければ高いほど、じっくりと十日間ほどかけて行なわれる。

これが終わると、親類や友達が集まる中、ターメリック(うこん)を油に混ぜて全身に塗り、腰蓑や頭飾りを付けた新妻の登場だ。

この腰蓑などの色や形も、やはりその新妻が属するファミリーにより異なる。ファミリーごとに継承されている独特のデザインがあるのだ。

軽やかな音楽が流れる中、女性は右手の指を真っ直ぐ天に向け、左手で右手のひじを支えるという姿勢で腰を振りながら踊り続ける。

そのうちに女性たちが新妻の周りで1ドル札を両手に振りながら踊り始め、新妻の体に貼り付けたり、前に置かれたかごにいれたりする。

そのパラオ人が最も重視しているのが、オラオールと呼ばれる相互扶助だ。家、事務所などの建設で多額の資金が必要なときに親類、友達を家に招き食事をふるまい、お金を頂くという行事である。

その時の金額と名前は必ず書きとめておき、自分がオラオールに招かれた際にはその相当分を支払う。そして近い親族ほど、多く支払わなくてはならない。

十行近い銀行があるものの、オラオールを通じて資金を集め、人間関係を強化しようとする人が多い。

週末はシュウカンで忙しいというパラオ人は珍しくなく、その度にお金が必要になって困るという声も聞くが、島社会の強い人間関係を楽しんでいるようである。

スポンサーサイト



<< ゆいまーる「琉球の自治」第3回(於・伊江島)のご案内 | ホーム | グアムの台風 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP