FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

売ったらあかん

先週土曜日、安渓遊地さんと貴子さんをお招きしての研究会は大変、刺激的なものとなりました。マレーシアクアラルンプールからウェブカメラをつかって辻さんが参加してくださいました。

通信状態が不安定であありましたが、現地の状況を聞きながらの研究会でした。まさに国境をこえた民際学的な研究会になりました。

安渓さんご夫妻に心より御礼申し上げます。「あなたならどうする」という参加者の当事者性を自覚させ、研究者と住民運動とのかんけいについて具体的に、色々と考えました。


昨日は、岡部伊都子忌に参加してきました。京都鴨川沿いにある岡部さんの旧宅において集いが開かれました。琉球をこよなく愛し、琉球を踏めつける日本から独立すべしとも語られた岡部さんについて、ゆかりのある方が集まり、話し合いました。

私は「屈辱の日」となぜ琉球人が叫んだのか、今の琉球の植民地状況とゆいまーる琉球の自治の活動について話しました。

「うったらあかん」という詩をつくられ、そのように生きた岡部さんのことを思う一日でした。

売ったらあかん

友達を      売ったらあかん
こどもらを    売ったらあかん
まごころを    売ったらあかん

本心を      売ったらあかん
情愛を      売ったらあかん
信仰を      売ったらあかん

教育を      売ったらあかん
学問を      売ったらあかん
秘密を      売ったらあかん

こころざしを   売ったらあかん
大自然を     売ったらあかん
いのちを     売ったらあかん

自分を      売ったらあかん
自分を      売ったらあかん
スポンサーサイト

<< 「復帰」ぬーやるばーがー? | ホーム | 安渓さんをまねき、研究会を今日します >>


コメント

売ったらあかんで
すごく共感しましたね
ちなみに尖閣列島も買取したらあかんで

Re: タイトルなし

ほんとにそうですね。島を買ってはあかん!

> 売ったらあかんで
> すごく共感しましたね
> ちなみに尖閣列島も買取したらあかんで

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP