FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮古諸島のTPP問題

2011年12月15日、12月7日の宮古新報の記事です。

日本政府はTPPを推し進めようとしています。これにより琉球の農業が壊滅的な影響を受ける事が予想され、農業者は強くTPPに反対しています。日本政府は、宮古八重山諸島の農業を破壊して、その跡地に基地を作るつもりなのか。

TPPの背景にある市場原理主義の考え方を再検討して、これに代わる島の経済の将来像を示す必要があります。




宮古地区農業振興会 (会長・下地敏彦市長) 主催のTPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加阻止宮古地区農業者大会が14日、 JAおきなわ宮古地区ホールで開催され、 農家代表をはじめ関係機関・団体職員ら300人以上が参加し、 TPP締結によって宮古のサトウキビおよび肉用牛などが壊滅的打撃を受けるとして、 農業を死守するために政府の交渉参加に断固反対する姿勢をアピール。 運動継続を宣言し、 ガンバロウを三唱して気勢を上げた。

 この大会は同振興会が主催し、 宮古島市と多良間村、 それにJAおきなわ、 宮古製糖、 沖縄製糖、 宮古郡農業共済組合、 各地区サトウキビ生産組合、 宮古和牛改良組合が協賛団体として、 宮古地区では初めて開催されたもの。

 主催者代表で下地市長は、 「交渉は例外を認めない貿易自由化交渉であり、 関税が撤廃されればサトウキビが全廃し、 肉用牛の75%が消滅すると試算され、 宮古の農業は壊滅し地域経済も崩壊するという深刻な事態を招きかねない。 また、 金融や保険・医療など24分野に影響を及ぼすことが予想されている」 と言及した。

 この上で下地市長は、 「地域農業の生産基盤確立と住民が安心して暮らせる社会を守るため、 交渉への正式参加に断固反対する。 政府が交渉参加を断念することを宮古から訴え続けよう」 とアピールした。

 議事では情勢報告、 生産者代表の決意表明に続いて、 大会宣言、 大会スローガンの朗読が行われ、 拍手で採択。 宣言では、 「離島県の離島である宮古地域の農業は壊滅的な打撃を受け、 崩壊の危機にひんすることは必至」 とした上で、 宮古への影響額がサトウキビで346億円、 肉用牛で40億円が見込まれているとし、 「宮古の実情を無視し、 交渉参加を決めた政府の協議経過を注視し、 豊かな自然を守り安全な食料を確保するため、 農業者の総意として交渉参加阻止まで運動を継続する」 とした。

 スローガンは、 ▽TPP交渉参加を阻止し、 地域の農業と関連産業を守り育てよう▽継続的な運動を展開し、 サトウキビ・肉用牛の生産基盤を強化しよう▽地域農業の生産拡大を図り、 豊かな自然と国土の多面的な機能性を守ろう▽地域関係者の一体的な取り組みにより、 安全で安心な食料を確保しよう│の4項目。

 仲井真弘多知事 (代理・比嘉俊昭農林水産部長)、 平良隆市議会議長、 JA沖縄中央会の小那覇安優会長 (代理・金城秀之専務) が激励あいさつに立ったあと、 参加者がガンバロウ三唱で気勢を上げた。



宮古地区農業振興会 (会長・下地敏彦市長) の評議員会が6日午後、 JA宮古地区機械化営農センターで開かれ、 貿易自由化を目指すTPP (環太平洋経済協定) に日本が交渉参加することを阻止する宮古地区農業者大会を、 14日午後3時からJAホールで開催することを決めた。 動員は300人規模となっており、 サトウキビや肉用牛が壊滅的打撃を受けるとして、 反対する農家の声を内外に強く発信する。

 11月に野田佳彦首相が交渉参加を正式表明したことを受け、 県内では先月22日に全県を対象とした農業者集会が那覇市内で催され、 農家ら1000人が参加し、 交渉に断固反対することをアピールした。 また、 八重山地区でも大会が催されている。

 このような状況を踏まえ、 同振興会を中心に宮古地区での集会開催を検討。 同日の評議員会では、 JAおきなわ宮古地区本部の岡村幸男本部長らが内容を審議。 事務局案の 「集会」 から 「大会」 に名称を変更して内外に強くアピールすることを確認した。

 また、 サトウキビ生産や和牛改良の両組合をはじめ、 製糖工場、 農業委員、 生産法人、 農業関係機関・団体を対象に呼びかけるほか、 式の概要などを決めた。 当日はノボリ旗を掲げ、 大会宣言やスローガンを採択し、 交渉参加阻止に向けてガンバロウを三唱する。

 JA沖縄中央会が農林水産省資産に基づいて算定した宮古島市と多良間村の影響額は、 2009年度生産額をベースにサトウキビ345億7000万円、 肉用牛39億8000万円で、 これに酪農や鶏卵を含めると総額は386億2000万円に上るとしている。 生産量減少率はキビ100%、 肉用牛75%で試算した。


スポンサーサイト



<< 「復帰」と9条 | ホーム | アイヌ民族副読本問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP