FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「復帰」と9条

5月4日の宮古毎日新聞の記事です。

みやこ9条の会が集いを開きました。「沖縄の日本復帰40周年にあたり、平和憲法を守り、下地島空港の軍事利用反対、先島地域への陸上自衛隊配備反対を掲げて幅広い運動を展開する決意を表明する」とのアピールがなされました。9条があるにもかかわらず、先島諸島では軍隊の基地が配備されていようとしています。

「沖縄の復帰は、日本への復帰というよりも、この平和憲法の下にありたいということだったのではないか」という気持ちで復帰運動世代は復帰運動をしたのだと思います。

琉球では自らの人権を守る闘いが「復帰」前から現在までも続いています。日本社会の中では、声を出さなければ、踏みつけられ無視されるだけです。




平和と憲法を語るつどい(主催・みやこ九条の会)が「憲法記念日」の3日、カママ嶺公園にある「憲法九条の碑」の前で行われた。同会の会員や趣旨に賛同する市民らが集い、平和憲法の理念を守る活動などを続ける決意を新たにした。


 「沖縄の日本復帰40周年にあたり、平和憲法を守り、下地島空港の軍事利用反対、先島地域への陸上自衛隊配備反対を掲げて幅広い運動を展開する決意を表明する」とのアピール文を採択した。


 代表世話人の一人、仲宗根將二さんは現憲法制定、施行までの経緯を話すと共に「宮古の、沖縄の、日本の、そして世界の反戦平和を語り合う集いとしたい」とあいさつした。


 意見交換では「沖縄の復帰は、日本への復帰というよりも、この平和憲法の下にありたいということだったのではないか」「(現憲法の)理念が実現できるよう努力していかなければいけない」「宮古島への地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)の配備は北朝鮮のミサイル発射を口実にした自衛隊配備の『地ならし』だ」などの意見が出た。


 参加者の一人は「これまでも憲法を変えようとする動きはあった。今、その可能性が最もあるという危機感がある。どう守るのかが大きく問われている」と訴えた。


 第2次世界大戦を体験した参加者からは「戦争は住民を守らない。どのような圧力があったとしても、戦争には絶対に反対していく」と強い口調で決意を語った。


 みやこ九条の会は2006年に発足し、会員は現在約120人。07年から毎年憲法記念日の3日に「つどい」を開催し、平和憲法を守るための意見や情報交換を行い、現憲法を守る活動を続けている。
スポンサーサイト

<< 沖縄、グアムの脱軍事基地、脱植民地化をめぐる議論 | ホーム | 宮古諸島のTPP問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP