FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in徳之島

もう一度、徳之島での住民の集いのお知らせをします。
参加されたい方は、今週11日の午前7時ごろまでに私の方までご連絡ください。
来週になりましたら、直接旅行会社に申し込んでください。






ゆいまーる琉球の自治in徳之島プログラム

1.日  時 2012年5月18日(金)、19日(日)

2.場  所 徳之島伊仙町

3.開催形式 主催:NPO法人ゆいまーる琉球の自治 
共催:自治労大島(奄美)地区本部 

4.日  程

【5月18日】 現地視察(14:00~17:00)
 琉球弧の考古学史上最大の発見といわれるカムィヤキ遺跡(伊仙町阿三)、米軍普天間飛行場移設候補地(天城町)などを視察。カムィヤキは11世紀~14世紀頃に、琉球列島全域と九州の一部で流通していた類須恵器である。1983年、その類須恵器の大規模な窯跡群が伊仙町阿三で発見され、徳之島が中世琉球列島の交易の中心地であったことがわかった。カムィヤキ窯跡群は、2006年に国指定史跡に認定された。

【5月19日】 ゆいまーる琉球の自治in徳之島(伊仙町「ほーらい館」、10:30~17:30)
(1)復帰運動と泉芳朗(発表者は交渉中)
 2012年は沖縄復帰40年、2013年は奄美復帰60年。奄美諸島の復帰運動のリーダー、泉芳朗(奄美大島日本復帰協議会議長)は徳之島伊仙町出身。

(2)「TPPと徳之島農業~琉球弧の視点から~」(松島泰勝:龍谷大学国際経済学科教授)
 TPPは島嶼農業を破壊するものであり、沖縄での議論、TPPそのものの問題性等を整理し、徳之島に与える影響等について報告。

(3)「疎開船の悲劇~武州丸からのメッセージ~」(幸多勝弘:徳之島郷土研究会)
 1944年9月25日、徳之島から九州への疎開者を乗せた「武州丸」は、諏訪之瀬島北端、北西13キロ付近で米潜水艦に撃沈された。武州丸には徳之島から154名が乗船していた。生存者は10名に過ぎず、疎開者148名、乗組員11名が犠牲となった。武州丸は、対馬丸と同じく政府の命令に基づく疎開船であったが、武州丸の犠牲者には、何の補償もされていない。武州丸の悲劇を語り継ぐ運動を報告。

(4)「核燃料再処理工場徳之島立地案の意味する問題」(樫本喜一:大阪府立大学)
 徳之島など、1970年代に存在した核燃料再処理工場離島立地案の問題点を、日本の原子力開発の歴史とともに報告。これは、現在の高レベル放射性廃棄物の処分場問題にもつながってくる現在進行形の問題でもある。

(5)「米軍基地移設反対運動と徳之島の将来像」(大久保明:伊仙町長)
 2010年4月18日、徳之島で開かれた米軍基地移設反対集会には、徳之島の総人口(約2万6千人)の約6割にあたる1万5千人が参加した。なぜ徳之島島民は、米軍基地移設を拒否したのか。徳之島の将来像とともに報告。


【徳之島へのホテルパック】
 ゆいまーる琉球の自治in徳之島への参加については、羽田空港発、伊丹空港発、鹿児島空港発のホテルパックを準備しましたので、下記により、ご利用ください。

 出発の3週間前から取消料がかかる関係上、3週間を切った申込みについては、原則、手配完了日に入金する必要があります。出発は5月18日ですから、3週間前は4月27日です。パック用の座席が埋まってしまった場合は、手配できない場合がありますので、早めに申し込んでください。便によっては、料金が異なる場合があります。宿泊はホテルレクストイン徳之島(18、19日、シングルルーム)です。

(1)羽田空港発着 料金66,300円~
 5月18日(羽田空港発)~5月20日(徳之島空港発)

(2)伊丹空港発着 料金62,800円~
 5月18日(伊丹空港発)~5月20日(徳之島空港発)

(3)鹿児島空港発着 料金48,800円~
 5月18日(鹿児島空港発)~5月20日(徳之島空港発)

(4)申し込み先
西川旅行センター鹿児島支店 担当(下野)
TEL:099(260)3811 FAX:099(260)3810
スポンサーサイト

<< 日経新聞朝刊の「時事解説」 | ホーム | グアムと琉球のつながりを知る番組 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP