FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

花城さんからのメール、提案

花城さんから次のようなメールを頂戴しました。
貴重なご提言、感謝します。





松島泰勝様



 私は今年還暦を迎える自営業の一市民です。「ゆいまーる琉球」のブログをみています。充実したブログなので、読み応えがあります。

(因みに『琉球の「自治」』も読んでいます。)

 感想ですが、そこには奄美を含めた全島をカバーした横断的な連帯が感じられ、素晴らしいと思います。

ただそれが依然「連絡会」のようなものになっていて、それ自体は長所的な特徴ではありますが、同時に「限界」も感じられます。

またおっしゃる「内発的発展」にしても、たとえばそれが飛行機などの乗り物、インターネットや携帯などの通信の発達も考えれば、

「内発」の在り方について、その方面からの検証も必要ではないかと思います。

たとえばコール・センターがいいものだとは思いませんが、しかしそういうものが必要とされる時代に生きていることも事実です。


あるいは非暴力についても、これを琉球の非武装化として考えておられるのであれば(私もこれに賛同する者ですが)、

そのための方策を今のうちから立案し、さらに実践的に取り組んでいく必要があろうかと思いますが、まだそこまで踏み込んだ議論は行われていません。



 さて上述のように、「ゆいまーる琉球」が「連絡会」のようなレベルに留まっているとしますと、

それは日米両政府や県政に対する抵抗運動としては機能しますが、主導的な「つぎの手」が打たれてはいないと思います。

抵抗運動に留まらず、創造的な独立運動としていくためには、「連絡会」のような内輪的な連帯に留まらず、

もっと全県民・市民を巻き込むような運動にしていかなければなりません。そうしなければ、とても体制の厚い壁を壊していくことはできないでしょう。

これが釈迦に説法だとしても、依然として、貴方と「ゆいまーる琉球」に向かって言い得ることだと思います。



 たとえば、私は志のある市民(有志)の起業による「ゆいまーる琉球企業連合」のようなものを想像します。

農業・漁業を基盤として、流通なり何なりの仕組みを組織し、貴方がおっしゃる「もう一つの市場経済」を形成して、そこに多くの人たちが就業する……とか、

イスラーム式無利息の「市民バンク」を導入する……とか。

私は貴方のような志のある経済学者(有識者)によるプロジェクト・チームによって実質的なプランが立案され、提唱されていくことを期待します。

貧困や失業の不安の中で働く人たちを功利主義的な企業に追いやることなく、本土資本のリゾート・ホテルの従業員に追いやることもなく、

もっと魅力ある「ゆいまーる琉球企業連合」に加盟する企業に呼び込んで、雇用の便宜を図れば、

とくに意識の高くない人たちでも、脱経済成長路線に参与し、脱基地運動に参与できるのではないでしょうか。

ひいては投票行動を通して政治を変革する担い手になって、ハコモノ公共工事のゼネコン体質から脱却して、

もっと堅実かつ不可欠な事業に従事できるようになるのではないでしょうか。

琉球の独立はそのような実務的現実を既成のものとすることによって可能となりましょう。

それ以外には、独立は「絵に描いた餅」でしかないと考えます。実現ための仕組づくり、組織化こそ、

今後早急に求められることではないかと考えます。ぜひ建設的なご提案をお願いいたします。





 ところで私はいま、琉球の主立ったNGOなどの動きを一元的に伝えることのできるホームページをつくろうと思っています。

とくに集会案内など、個別にホームページを検索しなくても、一括して見ることのできるような情報掲示板のようなものを設けたいと考えています。

多くの人がそれを見て、集会に参加(動員)できるといいと思っています。貴ブログもぜひ載せたいのですが、よろしいでしょうか。



花城豊

スポンサーサイト

<< 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 | ホーム | 新川明さん、大田昌秀さんからの励ましに感謝 >>


コメント

Yes

・ゆいまーる琉球の自治・・・次世代に継がれる安定的な組織になってほしい。もったいない。自前の施設も所有したらいいと思う。


・企業ゆいまーる・・・企業家有志で姉妹的に経済団体としてぜひやればいいと思う。いまはなにもないのだから。やらないより、やるべき?

・「非武装独立」「無防備独立」・・・こういう主張とか議論とかは保留してほしいです。現実的な大衆が耳をふさぎ離れていきます。またまたいつもの「独立論ブームの季節の終焉」ではもったいない。

Re: Yes

> ・ゆいまーる琉球の自治・・・次世代に継がれる安定的な組織になってほしい。もったいない。自前の施設も所有したらいいと思う。

投稿、にーふぁいゆー。どうぞご参加しませんか。いっしょにつくりましょう。

>
>
> ・企業ゆいまーる・・・企業家有志で姉妹的に経済団体としてぜひやればいいと思う。いまはなにもないのだから。やらないより、やるべき?

具体的な提案ありますか。


>
> ・「非武装独立」「無防備独立」・・・こういう主張とか議論とかは保留してほしいです。現実的な大衆が耳をふさぎ離れていきます。またまたいつもの「独立論ブームの季節の終焉」ではもったいない。


留保しません。武装して戦場になり、多くの友や家族が被害をうける「現実」なんでみたくありません。武装による抑止が現実的であるというのは日本からの発想では?



戸締りしない家庭がありますか?大学にも警備員がいます。

「非武装独立論」「無防備独立論」

・戸締りしない家庭がありますか?大学にも警備員がいます。

・無防備は近隣国に実は迷惑、地域の不安定要因。

・人民・郷土に無責任・無頓着な居酒屋独立論、エゴ。実験?

・「建国の意志」「反乱の自覚」なき現状補完論。

・松島先生は思慮浅く視野狭し。

・現在の沖縄言論空間のオピニオンリーダーである松島先生がその程度では琉球民族の前途は暗く多難、琉球民族を搾取する悪党どもは安泰・増長ですね。ミスリード、萎縮効果。

・殺されっぱなしの琉球史から何を学んだのですか?「悪意ある他者」によってタスマニア人などはリアルに絶滅。

・琉球民族は「超人的救世主民族」?夜郎自大。誤認識。

・理想主義はほんとの愛がないから。

・・・・
・企業ゆいまーる

 琉球系の学者で琉球ナショナリズム版の民科協みたいなサークルをつくるといいと思います。

 ほんとはスコットランド国民党のような総合的な前衛党・民族党が必要です。

Re: 戸締りしない家庭がありますか?大学にも警備員がいます。

> 「非武装独立論」「無防備独立論」
>
> ・戸締りしない家庭がありますか?大学にも警備員がいます。
>


> ・無防備は近隣国に実は迷惑、地域の不安定要因。

その近隣国には中国、北朝鮮もはいるのですか?

>
> ・人民・郷土に無責任・無頓着な居酒屋独立論、エゴ。実験?
>

居酒屋独立論の定義をして下さい。


> ・「建国の意志」「反乱の自覚」なき現状補完論。

なぜ現状補完論になるのですか。


>
> ・松島先生は思慮浅く視野狭し。
>
> ・現在の沖縄言論空間のオピニオンリーダーである松島先生がその程度では琉球民族の前途は暗く多難、琉球民族を搾取する悪党どもは安泰・増長ですね。ミスリード、萎縮効果。


その程度とはどの程度ですか。人を批判する場合、隠れていないで、実名所属を明かして下さい。

>
> ・殺されっぱなしの琉球史から何を学んだのですか?「悪意ある他者」によってタスマニア人などはリアルに絶滅。

本当に殺されっぱなしなのですか。>

> ・琉球民族は「超人的救世主民族」?夜郎自大。誤認識。
>
> ・理想主義はほんとの愛がないから。
>
> ・・・・
> ・企業ゆいまーる
>
>  琉球系の学者で琉球ナショナリズム版の民科協みたいなサークルをつくるといいと思います。

人に期待するのではなく、自分自身で動いて下さい。それが自治です。

>
>  ほんとはスコットランド国民党のような総合的な前衛党・民族党が必要です。


あなたがそれを作って、自分の説を主張して下さい。人を批判するだけでなく、行動をして下さい!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP