FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島

IMGP0755.jpg
私はまず那覇から鹿児島に向かいました。前利さんのご紹介で今回のゆいまーるの集いについて記者会見をするためです。鹿児島の空港売店で、ご当地商品が売られていました。


IMGP0758.jpg
九州男児という言葉から、琉球と九州、鹿児島との違いを直感しました。

IMGP0762.jpg
南日本新聞社本社に行き、文化部の方と、今回の集いについて話をさせていただき、また写真を撮られました。しかし、集いの前日、当日の紙面には掲載されませんでした。後日、報道されるのでしょうか。前利さん、掲載されましたら、お知らせください。


IMGP0763.jpg
鹿児島の中心街にある山形屋デパートです。以前、琉球の国際通りにも山形屋があり、私も小さいころ、行った思い出があります。今はありません。鹿児島による琉球の経済支配の象徴的な存在でした。現在の琉球は日本の都市部に拠点を置く資本による支配が顕著になっています。


IMGP0764.jpg
夜の交流会には、南方新社の向原さん、鹿児島大学の杉原さんと酒を飲みました。向原さんは脱原発を掲げて鹿児島知事選に出馬すると決意表明されており、その心情、作戦等について話し合いました。鹿児島の民意が動き、向原さんが当選されることを願っております。
スポンサーサイト

<< 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島2 | ホーム | 花城さんからのメール、提案 >>


コメント

参加したかったです。でも、作家の○○さんが参加しますとか、職業で特別扱い的に紹介されている文章を見ると私は知識人じゃないし、なんか、おかどちがいのところにいてもなーって思うし。躊躇しました。

Re: タイトルなし

特に特別扱いしているわけではありませんでしたが、そのように感じてしまったのでしたら、失礼しました。参加者はすべて平等です。特別扱いはしません。次回は久米島で11月に行う予定ですので、ご都合がつきましたら、ご参加ください。自分の自治的自覚を強めるための参加です。だれからのための集いではないと私は考えています。



> 参加したかったです。でも、作家の○○さんが参加しますとか、職業で特別扱い的に紹介されている文章を見ると私は知識人じゃないし、なんか、おかどちがいのところにいてもなーって思うし。躊躇しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP