FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島2

IMGP0765.jpg
琉球出身者が鹿児島に移住し、店を出していた場所だそうです。天文館という繁華街の中にあります。琉球と鹿児島との歴史を感じながら歩きました。


IMGP0766.jpg
藤原社長と小さな飲み屋に入りました。カラオケで琉球の唄をうたうと、「沖縄の人かね」と言われました。琉球に用事で行っていた人もいました。からお年寄りが楽しそうに唄を歌い、ママさんも庶民的で心地よい時間を過ごしました。鹿児島の庶民の方と触れることができました。


IMGP0767.jpg
私たち琉球人は南から奄美諸島、薩南諸島を見ますが、鹿児島から見た島々です。ホテルの朝食でも島々の特産物がバイキングに並んでいました。鹿児島が島々から構成されていることを改めて実感しました。

IMGP0768.jpg
私は本来沖縄島から徳之島にわたりたいと思っていましたが、現在、両島をつなぐ飛行機の運航はなく、船で行くか、鹿児島経由で行くかしかありませんでした。鹿児島で、今回のゆいまーるの集いの記者会見があるとのことで、鹿児島に飛行機で行きました。鹿児島から奄美諸島へのプロペラの小型の飛行機が主です。奄美諸島間ではさらに小さな飛行機となります。JALの経営悪化でジェット機からプロペラ機に変更された航路もあります。同じ琉球でも、交通の便において沖縄県の島々との違いがあります。

IMGP0772.jpg
小さな飛行機でしたが、アットホームな感じもあり、良かったです。
スポンサーサイト

<< 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島3 | ホーム | 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP