FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島3

IMGP0774.jpg
徳之島子宝空港につきました。島の方々が子供を本当に愛していることが空港名から分かります。


IMGP0777.jpg
伊仙町教育委員会の職員で、島の歴史民俗資料館の館長の四本さんが島を案内して下さいました。集落と集落をつなぐ橋が徳之島には多く、そのひとつの橋です。橋がなかったころは、子供たちが谷底まで下って昇って学校に通っていたそうです。谷の底には昔の発電所も見えました。


IMGP0779.jpg
島中に基地反対のプラカード、看板がありました。日米合意で徳之島への普天間基地移設案は消えておらず、島民は現在でも基地移設反対の意思を示しています。


IMGP0781.jpg
次に行った場所は、島の方が大きな石に絵を彫り込んだ巨石がいくつかあるところでした。いつ頃、誰が、なぜ、このような絵を描いたのか分からないそうですが、シマ人が何かを下記の抗争とした意思を感じ取ることができました。


IMGP0782.jpg
船の絵が多く、後で行くカムイヤキをアジア各地に運んだ徳之島人が航海史を書き残したのかとも想像しました。
無文字時代の琉球の人々が後世の私たちに何を言いたかったのかを読み取ろうと、じっと絵を見つめました。


スポンサーサイト

<< 宮本憲一先生との対話研究会 「地域開発の歴史を振り返る」 | ホーム | 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP