FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 8

IMGP0861.jpg
次に「奄美のガンジー」と呼ばれた、泉芳郎の銅像が立つ講演に行きました。断食等をして日本「復帰」運動を率いてきたそうです。琉球では「復帰」運動のリーダーであった屋良朝苗の銅像が立つ公園はないのではないか。

今年、「復帰」40年ですが、心から「復帰」してよかったと言える社会状況でもありません。琉球にとって「復帰」とは何であったのかをあらためて考えました。

IMGP0864.jpg
徳之島は闘牛の島です。車で移動していると、愛称「パンダ」と呼ばれる9連勝中の牛に出会いました。車の運転をして下さった伊仙町の職員の方も闘牛の牛を持っており、闘いに出していると話されました。


IMGP0866.jpg
車のタイヤを重ねて牛が頭突きの練習をしているところです。日々の訓練が闘いでの成果を生むのです。


IMGP0867.jpg
18日夜、集い参加者の交流会を開きました。主に島外からの参加者の交流会でした。

IMGP0868.jpg
自己紹介をし、明日の集い参加への意気込みについて話し合いました。
スポンサーサイト

<< 『琉球独立への道・・植民地主義に抗う琉​球ナショナリズム』を読み合う会 | ホーム | 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP