FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 9

IMGP0869.jpg
現在、琉球大学の学生である喜山さんは、徳之島出身です。徳之島の人間であることの意味、「復帰」の意味を深く考えたいと思い、今回の集いに参加してくれました。将来は教員になるという希望をもっています。このように自らの存在、自らが生まれ育った島を根本から考えようとする青年に出会い、大変嬉しく思いました。


IMGP0879.jpg
翌日は、一次資料をつかって前利さんが、奄美の復帰運動と泉芳朗について報告されました。沖縄(南琉球)と奄美における「復帰」に対する認識の違いがどこから生まれたのかについて、泉を通じて説明されました。

IMGP0880.jpg
午前中のゆいまーるの集いは車座で行いました。互いが対等な関係で発言し、意見の交換、各自の理解を深めあいました。


IMGP0881.jpg
齊藤さんのご紹介で、徳之島で教員をしておられ、奄美の復帰運動にも参加された方からも当時のことについてご報告が頂きました。当時のことを知るうえで、非常に貴重なご発言であったと思います。


IMGP0883.jpg
奄美大島から参加された新元さんからも、奄美の復帰運動についてのご発言がありました。奄美において「復帰」が総括されているのか、その意味について議論されているのかという趣旨でした。

徳之島在住の幸多さんも反基地運動を通じて沖縄と奄美との一体性、琉球文化圏のつながりの強さを感じたと述べました。奄美諸島と、沖縄・宮古八重山諸島を分離、分割するのではなく、同じ琉球文化圏の仲間として協力すべきであるとの思いを、幸多さんの発言から改めて持ちました。


琉球文化圏全体において「復帰」の意味を全体的に考える必要があります。

スポンサーサイト

<< 済州島の基地問題を琉球、太平洋諸島から考える | ホーム | 『琉球独立への道・・植民地主義に抗う琉​球ナショナリズム』を読み合う会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP