FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第3回ゆいまーる「琉球の自治」の趣意書

                第3回 ゆいまーる琉球の自治 於・伊江島  企画趣旨

伊江島は、先の戦争で日米の激戦地となり、多くの住民が犠牲になった。100人以上が命を落としたアハシャガマを始め、多くのガマで「集団自決」が発生。愛しむ合うべき家族が互いに殺し合わなければならない状況に追い込まれた。

戦後になっても「戦争」は終わらなかった。1948年のLCT爆弾処理船爆発事故では102名が爆死し、さらに基地にかかわる事件・事故で多くの住民が負傷し亡くなった。米軍は住民の家を焼き払い、強制的に立ち退かせて基地を拡大した。

阿波根昌鴻を始めとする島の住民は、不等な扱いを訴える「乞食行進」を琉球各地で行なった。それが導火線となり基地の拡大に反対する「島ぐるみの闘争」が展開される。伊江島は琉球における反基地運動の原点である。

1961年、阿波根は「伊江島土地を守る会」を設立し、団結小屋を拠点に基地撤退を体を張って訴えた。その結果、1970年、米軍は、それまで島の約63%を占めていた基地の縮小計画を発表。

現在は、島の約30%までになった。阿波根は私財を投じ、「わびあいの里」「ヌチドゥタカラの家」を開き、ここを平和と戦争を学び互いに支えあう場所とした。

伊江島は「沖縄の縮図」である。平和を希求する思いと、生活のために基地を受け入れるという現実が同じ島の中にある。

この伊江島において、そして伊江島伊江村が村政100周年を迎えるこの節目にあたって、島の平和と開発、21世紀における島のあり方を、車座で徹底的に議論したい。

そしてこの島から、いま琉球が抱える問題の本質を明らかにし、琉球全体の自治につながる手がかりを見出したい。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の「自治」―万人のもあい 趣意書 | ホーム | 第3回ゆいまーる「琉球の自治」の申込書 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP