FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 13

IMGP0934.jpg
今回の午後の集いでは前利さんがコーディネーターをして下さいました。今回の集いでは前利さんに本当にお世話になりました。にーふぁいゆー!


IMGP0936.jpg
交流会が始まりました。集いの第二ラウンドです。今日の集いを踏まえて各人がどのように考えたのかを自己紹介とともに話しました。新元さんはいつものように、腹の底から声をだす、島の唄を歌いました。新元さんのように体全体、マブイ全体をつかって唄を歌う琉球人を知りません。琉球の誇り、宝です。


IMGP0937.jpg
大谷先生のお話も島の歴史を踏まえられた、心の底に残るものでした。


IMGP0938.jpg
島に移住して40年近い方も、島へのこだわりを語ってくれました。日本と徳之島の間で自らのアイデンティティをみつけようとてこられ、島に骨をうずめる覚悟で今を生きていると感じました。


IMGP0939.jpg
新元さんと齊藤さんです。齊藤さんは、この集いに参加する前に与那国島に行かれ、田里さんと会ってきたようです。地道に琉球の島々を訪ね、島の自治、自立について考え、人と人とをつないでおられます。齊藤さんに、大谷さんを紹介してもらいました。また、与那国のお酒、徳之島のおいしいジュースの差し入れをしていただきました。


IMGP0940.jpg
樺太生まれの石坂さんです。現在、実家のある北海道の稚内、つれあいの方の実家がある沖縄市、もともとのご自分の家がある千葉で生活をされています。色んなところに拠点をもつことで、色んな視点で物事をみることができると思います。石坂さんは徳之島のあと、奄美大島に行かれました。
スポンサーサイト

<< 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 14 | ホーム | 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 12 >>


コメント

謎の『ミスター・トラックバック』さん!!

私のプログにも、トラックバック出来ますよ!

「君のは、そんな価値無し!」

なのかな?


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP