FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か:投稿者との対話

本ブログに次のようなメールがきまして、私がそれに次のように答えました。松とは私の答えまたは質問。





> 「非武装独立論」「無防備独立論」
>
> ・戸締りしない家庭がありますか?大学にも警備員がいます。
>


> ・無防備は近隣国に実は迷惑、地域の不安定要因。

松:その近隣国には中国、北朝鮮もはいるのですか?


>
> ・人民・郷土に無責任・無頓着な居酒屋独立論、エゴ。実験?
>

松:居酒屋独立論の定義をして下さい。


> ・「建国の意志」「反乱の自覚」なき現状補完論。


松:なぜ現状補完論になるのですか。


>
> ・松島先生は思慮浅く視野狭し。
>
> ・現在の沖縄言論空間のオピニオンリーダーである松島先生がその程度では琉球民族の前途は暗く多難、琉球民族を搾取する悪党どもは安泰・増長ですね。ミスリード、萎縮効果。


松:その程度とはどの程度ですか。人を批判する場合、隠れていないで、実名所属を明かして下さい。


>
> ・殺されっぱなしの琉球史から何を学んだのですか?「悪意ある他者」によってタスマニア人などはリアルに絶滅。


松:本当に殺されっぱなしなのですか。

> ・琉球民族は「超人的救世主民族」?夜郎自大。誤認識。
>
> ・理想主義はほんとの愛がないから。
>
> ・・・・
> ・企業ゆいまーる
>
>  琉球系の学者で琉球ナショナリズム版の民科協みたいなサークルをつくるといいと思います。


松:人に期待するのではなく、自分自身で動いて下さい。それが自治です。


>
>  ほんとはスコットランド国民党のような総合的な前衛党・民族党が必要です。



松:あなたがそれを作って、自分の説を主張して下さい。人を批判するだけでなく、行動をして下さい!

スポンサーサイト

<< 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 16 | ホーム | 第11回ゆいまーる琉球の自治 in 徳之島 15 >>


コメント

所詮、憶測の域を出ていない訳ならば、まだ、キッパリと独立精神の方が、まだ、ましなのです。

前例ばかり引き合いにだしても前向きな考えに発展するとは言い難い。

新しい試みには抵抗はつきものです。

真実や誠実を曲げない勇気が、一人一人に試されています。

「何とも言えない!」の後に必ず来るのは、「もはや何も言えなくなった!」なのです。

だったら、一人一人が、何か考えましょう!
目覚めましょう! 行動しましょう! 感動しましょう! 正当性をめげずに主張しましょう!

最大の敵をも味方につけ、仲間にしてしまう、あっぱれの集団を目指しましょう!!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

からかい・悪意ではないまじめなコメントです

現実問題として、最近は かりゆしクラブ以外にも、松島先生に着目するヤマト右翼メディア・ヤマト迎合派の様子が見受けられます。彼ら的な層はそもそも変人です。いやがらせ・暴漢などを念頭に生活に常識的な警戒心を持ってください。奇妙・悪質な事象があればすぐに友人・法律家・警察等に相談するようにしてください。

Re: からかい・悪意ではないまじめなコメントです

ご意見、心より感謝します。
常に警戒心を持って行動します。



> 現実問題として、最近は かりゆしクラブ以外にも、松島先生に着目するヤマト右翼メディア・ヤマト迎合派の様子が見受けられます。彼ら的な層はそもそも変人です。いやがらせ・暴漢などを念頭に生活に常識的な警戒心を持ってください。奇妙・悪質な事象があればすぐに友人・法律家・警察等に相談するようにしてください。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP