FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の「自治」―万人のもあい 趣意書

   ゆいまーる・琉球の「自治」―万人(うまんちゅ) のもあい―趣意書



かつて、琉球王国は独立国であった。1609 年に薩摩藩は琉球の島々に侵攻し、奄美諸島を
直轄領として直接統治し、沖縄島以南には納税の義務を課して間接統治をしいた。

廃藩置県以後は奄美諸島は鹿児島県に、また「琉球処分」によって沖縄島以南は沖縄県に分断されることになった。

その後、アメリカに統治された期間もあるが、1953 年に奄美諸島が、1972年に沖縄島以南が日本へ「復帰」した。

その間じつに400 年、日本の支配によって琉球弧の南北の分断は続いている。われわれは今、分断された琉球文化圏をわれわれの手でなんとか取り戻したいと考える。

奄美諸島から沖縄島、八重山諸島にいたる琉球文化圏はひと続きに連なっているものである。

この分断された琉球文化圏を、いかにしてひと続きのものとして取り戻すことができるだろうか。

今日、日本における米軍基地の大部分が集中する沖縄島では、基地反対闘争が活発に展開
されている。しかし一方、経済開発はますます日々積極的に進められてきている。

20 世紀の思想家、イバン・イリイチは「平和」について次のように語る。

「平和とは生活のあり方である。民衆に平和を取り戻すには、経済開発に対して草の根か
民衆の手で制限を加えなければならない」と。

われわれの生活のあり方から「開発」や「観光」のあり方を問うことなしに、真の「平和は実現できない。

そのためには、これまで琉球弧の中で先人たちによって培われてきた文化や風土を大切に守り育てていくことである。これこそが「自治」である。

インド独立運動の父、マハトマ・ガンジーは「自治」について次のように語る。
「私たちが私たち自身を治めることこそが自治であり、その自治は私たちの手中にある」と

「自治」なしには「平和」は実現できないのである。

ガンジーはまた、次のようにも語る。
「インド(琉球)が自給・自立して誘惑や搾取をゆるさなくなったとき、西洋や東洋のいか
なる国家権力にとっても、インド(琉球)は貪欲な誘惑の対象ではなくなるだろう」と。

日本国の敗戦から六十余年たった現在も、琉球弧には「戦後」はない。われわれはいま、分
断された琉球弧の中に在るが、いまこそ、それぞれの島における「自治」を大切にしながら
島と島とを結び合うネットワークをつくり上げていく時ではないか。

そして、アジアから世界へとそのネットワークをつなぎ、拡がっていこうではないか。
 

〈呼びかけ人〉

松島泰勝(経済学者・石垣島出身)内間豊(久高島振興会顧問・久高島)
新元博文(平田部落森林組合長・奄美大島)安里英子(作家・沖縄島)

海勢頭豊(音楽家・平安座島)前利潔(経済史家・沖永良部島)
石垣金星(文化伝承者・西表島)高良勉(詩人・沖縄島)

スポンサーサイト



<< NPO法人への入会のご案内 | ホーム | 第3回ゆいまーる「琉球の自治」の趣意書 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP