FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『現代の理論フォーラム』の最新号で『琉球独立への道』が紹介されました

現代の理論フォーラムの最新号で山田勝さんが『琉球独立への道』について書いて下さっていますので、ご紹介します。





「復帰」40年

再び「琉球処分」を本土の側から考える


歴史がやっと廷る

封殺された歴史がやっと蘇ろうとしている、そ
んな気持である。当時ヴェトナム戦争と連動した
「72年沖縄返還」をめぐる攻防は国論を二分した。

60年安保闘争以後、68年全共闘運動の爆発的高揚
を挟んで、反戦・全共闘・べ平連を軸としたニュー

レフト勢力はこの闘いの大きな柱を創りだしたが、
振り返れば最後の闘いであった。この沖縄返還 復
帰を問う思想的路線的分裂によって、この新勢
力は思想的共同性を失い分裂したからだ。

ビート
ルズやフォーク、カウンターカルチャー、武装論
や都市ゲリラ論、内ゲバの暴走などによって、当
時のことは歴史の-コマとしてのみ語り継がれて
いるが、その根幹をなす領域は「復帰」問題であっ
たことは封殺されたままである。閉じ込められて
きた領域を解き放つ価値はあると思う。

新川明が「40年目の感慨」(『世界』6月号)と
いうメッセージを出している。

「復帰」前後沖縄サ
イドの新川明たちの「反国家の凶区」などを読ん
で、日本と沖縄の関係は琉球処分によって歴史的
につくりだされていること、この事を前提にして
「復帰-72年沖縄返還」自体を考えるべきだとの
主張に共鳴した。

保守も革新も、本土も沖縄も、
祖国復帰と本土並み返還が両輪となって日本国家
-現憲法体制-の復帰で、戦後を終わらせると祝
賀した。本当か?「反復帰派」と言われた人々の
多くは同じ心境であっただろう。

当時も「いも、はだし」論争があり、「独立論・
自立論は、人々はどうやって食っていくのかを示
し得ない空論に過ぎない」として一蹴されたこと
を覚えている。

本土サイドでは「琉球処分」を問
う私たちの思想は孤立無援であった。それでもこ
の 40年、本土でも沖縄と連帯する思想と運動は絶
えることはなかった。

「復帰」自体を問う思想も伏
流化しつつ、再生産されながら今日に至っている。
「琉球処分」というキーワードもまだ生命力を保ち
続けている。
スポンサーサイト

<< グアムと琉球を結ぶ 2 | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP