FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと琉球を結ぶ 3

IMGP0602.jpg
私がグアムと琉球における脱植民地化、脱基地化を比較する形で報告した後、マイクさんが話されました。マイクさんはグアム大学教員で、グアムの歴史、平和思想等を教え、研究しているそうです。グアムにあるチャモロ人の聖地であるパガットが射撃訓練場として米軍により接収されようとしたことに対し、学生、住民とともにそこを守る活動をされてきました。私も今年2月グアムに行ったとき、マイクさん、学生さんたちとパガットに行き、チャモロの歴史と精神を学びました。


IMGP0607.jpg
次にマリリンさんが報告されました。なぜ、琉球が国連の非自治的地域としてリスト化されなかったのかという問題意識に基づいて話されました。マリリンさんはグアム議会の元議員であり、米政府、国連において実際にグアムの脱植民地化のための活動をされてきた方であり、話に非常に説得力がありました。


IMGP0608.jpg
そして知念さんが、なぜ琉球の米軍基地をグアムではなく、日本に移さなければならないのかを話されました。琉球の生活における植民地化の問題を指摘し、日本人の責任を問いました。カマドゥー小たちの集いの活動を紹介しながら、日本、日本人が問題を自ら見ず、責任を回避していることを鋭く指摘しました。


IMGP0611.jpg
各自の報告が終わって、壇上にパネリストが並び、会場からの質問に答える形で、議論をしました。チャモロ人と琉球人が真剣に向かい合い、議論することで、互いに共有している問題の本質を直視し、その解決のためにどのような協力が可能であるかを考えることができるのです。グアムにも人間がすんでおり、米軍基地に苦しんでいるという当然の事実を知ることで、「グアムに基地が移転すればいい」という非人間的な発言はできなくなると思います。

IMGP0612.jpg
シンポが終わり、大学の近くの食堂で食事をしているところです。今日のシンポで各自が何を感じたのか、思ったのかを聞きました。マリリンさんが牛乳とビールを混ぜて飲むという習慣があり、私も試してみましたが、胃にやさしくおいしかったです。
スポンサーサイト

<< グアムと琉球を結ぶ 4 | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP