FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと琉球を結ぶ 4

IMGP0614.jpg
土曜日のシンポ開催にあたり、沖縄国際大学、友知さん、学生さんのご支援を頂きました。大変、感謝しています。友知さんは経済学者ですが、今後、琉球独立の経済的研究にも大変関心を持っており、琉球独立総合研究学会の設立を提唱されています。皆さんの中にも関心のある方はいませんか。


IMGP0615.jpg
翌日曜日は「復帰」なんだるばーがーというシンポを沖縄国際大学で行いました。カマドゥ小たちの集いの方々も会場にきておられ、段ボールでつくったパネルを見せて下さいました。


IMGP0616.jpg
日本政府は岩国への米軍基地はだめで、琉球はいいという判断をしていますが、それが日本政府、日本人による琉球差別を示しているといえます。「復帰」40年たっても琉球差別をやめようとしません。はやく「復帰体制」を終わらせる必要があります。


IMGP0620.jpg
昨日と同じく会場には多くの方々が来てくれ、議論に参加しました。後ほど、熱い話し合いが会場との間で行われました。


IMGP0621.jpg
マイクさんが、グアムにおける「復帰」について述べました。つまり1950年に成立したグアム組織法によってはじめてグアムの住民は米国市民権が与えられ、米国人になったといえますが、それは制限付きのものであり、植民地としてのグアムの状況を何ら帰るものではありません。琉球も「復帰」によって米国の軍事植民地から、日米共同による植民地になっただけで、植民地という政治的地位は変わりません。グアムと琉球を比較すると琉球の現在の姿が分かります。


IMGP0623.jpg
パネラーは、マイクさんのほかに、渡名喜さん、上原さん、赤嶺さん、高良さん、そして私がおり、知念さんが司会をされました。会場からは琉球はシンガポールのように都市経済を目指し、欧州諸国をモデルにすべきであり、琉球の言葉や文化にこだわることの問題性を指摘した方が意見を述べられました。また琉球語では分からん、日本語で話せという意見も出ました。それらの意見や質問に対して、パネラーや司会が冷静に解答し、今回の集いのの意味つまり、「われわれ琉球人にとって、「復帰」「復帰体制」とは何であるのか。40年前の過去のことではなく、今でも続く復帰体制がもつ植民地主義を問い直し、脱植民地化に向かう道を見出す」を互いに確認し合いました。




スポンサーサイト

<< グアムと琉球を結ぶ 5 | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP