FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと琉球を結ぶ 5

IMGP0624.jpg
日曜日のシンポ終了後、皆で交流会をしました。琉球風居酒屋でした。沖縄国際大学の学生から聞いた話が心に残りました。夜、普天間飛行場の爆音で目が覚めることが多い。夜もサーチライトで空を米軍が照らすため、昼間のようでいて寝付けない。基地のそばで生活しながら大学で学ぶ学生たちの現実の話を聞きました。このような中で大学生活を送っている学生がいることを、日本の大学生も知る必要があります。


IMGP0632.jpg
チャモロの皆さんが、チャモロの唄を打って下さいました。和気あいあいとして、チムドンドンしました。


IMGP0634.jpg
琉球人も喜びのお返しで、カチャーシーを踊りました。


IMGP0643.jpg
翌日、チャモロ人3人と普天間基地が見える嘉数高台に行きました。NHKの取材陣と一緒であり、8月のETV特集のための撮影です。チャモロ人が普天間基地をみて、どのように考えたのかを語りました。市街地の中にこれほど大きな基地があることに大変驚き、怒っていました。その日は、「復帰」の日でしたので、クローズアップ現代の取材陣、コメンテイターの江上先生もきていました。


IMGP0651.jpg
私たちが嘉数高台にいたときにも、米軍機が爆音を私たちに投げかけ、本当にバカにされているような気がしました。「これ以上、われわれシマンチュ―をバカにするな」という怒りと、脱植民地化、脱基地化のための決意を改めて固めました。
スポンサーサイト

<< グアムと琉球を結ぶ 6 | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP