FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと琉球を結ぶ 7

IMGP0662.jpg
沖縄県庁の基地対策課に行き、ご担当の職員さんと意見交換を行いました。最初に、琉球における基地問題についてパワポによる説明があり、グアム側との意見交換を行いました。両島嶼とも、日米両政府から十分な軍事、基地情報を与えられておらず、自らの力で情報を集めなければならないという植民地の実態が明らかになりました。



IMGP0663.jpg
チャモロの方、親川さん、そして私でA&Wで食事をしました。マリオ君とともに皆楽しそうでした。マリオ君も皆になつき、大変おりこうさんでした。


IMGP0667.jpg
マイクさんはご自分の子供にチャモロ語しか使わないと聞きました。グアムで子供とチャモロ語ではなしていると、そばを歩いていたチャモロのご老人が涙を流して喜んでいたそうです。親川さんも、お子さんとともに、しまことばを学んでいます。しまことばによって、島の土地、神、文化とつながることができるのです。


IMGP0668.jpg
琉球に今年、画期的な場所が誕生しました。しまんちゅスクール、カフェ・クロトンです。普天間飛行場の近くにあります。琉球人による琉球人のための琉球人の学校であり、食堂です。脱植民地化、脱軍事基地化という、しかっリとした思想を柱にした琉球人の精神的よりどころになるとおもいます。

IMGP0672.jpg
子供たち、親御さんたち、先生方が、琉球語を互いに学びあう「にーぬふぁぶし」に集まってきました。熱気がでてきました。

スポンサーサイト

<< グアムと琉球を結ぶ 8 | ホーム | 今日、琉球に帰国します >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP