FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと琉球を結ぶ 8

IMGP0674.jpg
この言葉を、にーぬふぁぶしで改めて聞くと、心が揺さぶられました。言葉によって土地・島・国、そして親・先祖が自分と結ぶことができるのです。


IMGP0675.jpg
あっぱーたちが、大声を出して、子供たちがそれにこたえる。子供の年齢もそれぞれ違いますが、年上の子供や母親が赤ちゃんの面倒をみて、互いに助け合って、楽しみ合いながら、しまんちゅスクールが始まりました。琉球の精神的自己決定権運動の曙です。


IMGP0678.jpg
自分と家族との関係をしまことばで学びます。人と人とのつながり、人と社会とのつながり、人と自然とのつながりが、しまことばによって自然にみに着くようです。これまで日本語によって、どれだけこれらのつながりが断ち切られてきたことか。しまことばの可能性と希望を見た思いがしました。


IMGP0682.jpg
女性たちを中心にした琉球諸語復活運動は、一時のファッションではなく、脱植民地化という大きな目標と結びついており、琉球の植民地としての歴史を変える大きな一歩になると確信しています。


IMGP0683.jpg
マリリンさんも「てぃんさぐぬはな」の曲に合わせて、子供たちが歌う曲を大変気に入り、琉球のあっぱーから、琉球の曲が収録されたCDをプレゼントされ、喜んでいました。今頃、グアムで「てぃんさぐのはな」が流れていると思います。

スポンサーサイト

<< 【書評】松島泰勝『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』(法律文化社) | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP