FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『奄美と開発―ポスト奄振事業と新しい島嶼開発』の紹介

前利潔さんの論文が掲載されている論文集『奄美と開発』を紹介します。

「復帰」35年を迎えた南琉球の島々と北琉球の奄美諸島とは、開発による生活世界の破壊と中央への従属、開発への期待と失望という同様の問題を抱えています。



鹿児島大学プロジェクト「島嶼圏開発のグランドデザイン」編
定価1890円(本体1800円+税)
南方新社より2004年出版

日本復帰50年。この間、奄美で繰り広げられた巨費を投じた公共事業。
従来の手法の行き詰まりは、誰の目にも明らかであり、新たな模索が始まっている。


目次より●

第一部 シンポジウムの記録

一、総合シンポジウム「奄美研究と開発の接点」
二、研究討論会1「奄美研究の過去・現在・未来」
三、研究討論会2「島嶼圏開発をめぐる諸問題」

第二部 各論

一、農民体質と歴史的背景
二、滞在型ツーリズムと持続可能な経済発展
三、奄美、沖縄の水産業
四、赤土・サンゴ礁海浜・水循環
五、沖縄からの奄美研究

第三部 「島嶼圏開発のグランドデザイン」の目指すもの
ポスト奄振事業と新しい島嶼開発


【執筆者・パネリスト等紹介】

上田不二夫(沖縄大学法経学部教授)
叶 芳和(拓殖大学国際開発学部教授)
北村良介(鹿児島大学工学部教授)

坂田裕輔(近畿大学経済学部助教授)
迫田 昌((財)かごしま産業支援センター専務理事)
地頭薗 隆(鹿児島大学農学部助教授)

菅沼俊彦(鹿児島大学農学部教授)
薗 博明(環境ネットワーク奄美代表)
堂前亮平(久留米大学文学部教授)

西 隆一郎(鹿児島大学工学部助教授)
平井一臣(鹿児島大学法文学部教授)
前利 潔(知名町役場勤務)

皆村武一(鹿児島大学法文学部教授)
山田 誠(鹿児島大学法文学部教授)

南方新社ホームページより
http://www.nanpou.com/index.html
スポンサーサイト



<< 『田舎の町村を消せ!―市町村合併に抗うムラの論理』の紹介 | ホーム | 『奄美戦後史:揺れる奄美、変容の諸相』の紹介 >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP