FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

〈奄美ー沖縄ー琉球〉研究コンソーシアム(京都)の誕生

同志社大学の富山さん、安里さんと協力して、〈奄美ー沖縄ー琉球〉研究コンソーシアム(京都)を設立しました。


設立趣旨設立趣旨

 現在、琉球は危機的状況にある。米軍基地の強制、自衛隊の先島進出、沖縄戦史の修正、植民地
主義の拡大、開発による環境や地域の破壊、文化の商品化。我々、琉球人はこの惨い現実をどのよ
うに考えるのか、自己決定権をいかにして行使できるのかが問われている。

 沖縄学は伊波普猷、東恩納寛惇、比嘉春潮、金城朝永等の琉球人学者によって先鞭がつけられた、
琉球の言語、宗教、歴史、民俗等を中心とした人文系学問の総体である。沖縄学の主な担い手は学
者であり、文献解釈に重点がおかれていた。現在の沖縄学においては、研究のタコツボ化や専門化
が進み、専門用語が多用され、生活者の感覚や問題意識から遊離した「研究のための研究」に堕し
たケースも少なくない。

 これまでの沖縄学の蓄積を踏まえつつも、その限界を乗り越えたい。琉球人は自らの問題を他人
まかせにせず、自分の問題をとして受け止める。そこから問題意識が生まれ、学問が始まる。学問
は学者の占有物ではない。日常の中に学問を取りかえし、琉球・琉球人の自治、自立、独立を実現
することは、琉球人にとって大きな課題であると考える。

 琉球の学問は琉球人 (Loochoo as a Nation)だけで成立するのではない。日本人、米国人、中国人、
朝鮮人等の非琉球人との真摯な議論によって、互いの関係性や当事者性を問いながら学的質を高め
る必要がある。多様な背景をもつ人々が集う京都という場所において、琉球の過去や現在を問い、
将来を構想し、新たな琉球学を提示したい。
                      松島泰勝(龍谷大学経済学部教授)


 すぐさま沖縄民衆だとか、沖縄の心などということを論拠に持ち出す議論や、寄り添うとか、思
いを受け止めるなどという言い方で何かを語ったよう顔をする論調がある。そして多くの場合こう
した言い回しで構成される良心的な沖縄問題論は、議論すべき人と議論をすることを回避する言い
訳として、あるいは読むべき文章を読んでいないことの代償として、もちだされる気がしてならない。

結局のところ、関わりたくないのだろう。そしてだからこそ私は、こうした沖縄問題のエクスキュー
ズを停止させ、きっちりと議論する場所がほしいのだ。コンソーシアムにある京都という地名は、
歩いて出会える距離という意味であり、同時にそれは議論の継続性であり、さらにいえば、薄い話
を拍手でもって承認することを許さない関係でもある。それ以上に意味はない。
                 
              冨山一郎(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授)

 フィリピンで出会った沖縄系フィリピン人、シンガポールで出会った、文化の力で国境を越えた
アイデンティティを生み出しているプラナカン、あるいは中国本土からの攻撃に備え、いたるとこ
ろに壕が掘られたシーサーの島・金門島のこと―――背景には、米軍基地や、植民地主義、冷戦構
造に巻き込まれた歴史、人の移動、あるいはポピュラーカルチャーなどといった、沖縄にかかわる
ことと密接に関連する問題があることに驚かされる。

これまでフィリピンやシンガポールといった
東南アジアにかんすることを研究テーマに考えてきたけれど、それらは同時に沖縄のことを考える
きっかけとなっている。

 沖縄にかかわる問題は、沖縄の特殊な問題というわけではない。大きな力に翻弄されてきたアジ
アが抱えている、共通の問題でもあるといえる。この<奄美―沖縄―琉球>研究コンソーシアム(京
都)をとおして、いま大きく変化しつつあるアジアのなかの沖縄について考えていきたい。

          安里陽子(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科院生)
スポンサーサイト



<< 〈奄美ー沖縄ー琉球〉研究コンソーシアム(京都)の第一回研究会 | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 12 >>


コメント

コンプレックスに左右されない琉球学の追究を目指せ!

琉球学は縄文学によく似ています。

中央の抑圧、偏見、傲慢さに決して負けない見識と探究心と発展を期待したい。

我々琉球人は、辺境な地域の異端者集団ではない!!
私達の主張は、真剣な向上心と偽りなき同報愛によってのみ育まれるのです。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: コンプレックスに左右されない琉球学の追究を目指せ!

琉球人さん、にーふぁいゆー!


> 琉球学は縄文学によく似ています。
>
> 中央の抑圧、偏見、傲慢さに決して負けない見識と探究心と発展を期待したい。
>
> 我々琉球人は、辺境な地域の異端者集団ではない!!
> 私達の主張は、真剣な向上心と偽りなき同報愛によってのみ育まれるのです。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP