FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SCOT サマー・シーズン 2012で話をします 

August,24,2012 ~ September,02,2012まで行われる、SCOT サマー・シーズン 2012で話をします。
観劇とともに、来て下されば幸いです。

連続シンポジウム
<何が>変わらないのか!?
-<3.11>以後の「ニッポン」
<3.11>東日本大震災、福島原発事故から1年半を経過しようとしている。事故原因の究明と事故処理の仕方、被災者・避難者への生活支援や賠償、また<復興事業>全体の在り方に、私たちは何を読みとるべきか。「オキナワ」と「フクシマ」という二つの地域の現在から、そして、よりグローバルな世界の政治・経済状況から考える。
第1部「オキナワ」と「フクシマ」から考える
-振興・開発至上主義からの「自立と自治」
軍事基地や原発建設による振興・開発、一時的経済効果、さらなる開発、そして、自然環境の破壊と雇用の不安……。負の連鎖がもたらす構造的・不安定から、「地域」はいかにして脱却・回復するのか。
「オキナワ」と「フクシマ」の<自立と自治>を目指すさまざまな試みを参照しながら、「地域」の<自立と自治>への道筋を考える。
松島泰勝 (島嶼経済論、龍谷大学教授) 主な著書に 『琉球独立への道-植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』 (法律文化社)
山下祐介 (都市社会学、首都大学東京准教授) 主な著書に 『限界集落の真実-過疎の村は消えるか?』 (ちくま新書)
大澤真幸 (社会学) 主な著書に 『夢よりも深い覚醒へ-3.11後の哲学』 (岩波新書)
9月1日(土)13:30-15:30
利賀山房

第2部
二つの「敗戦」から考える
-戦後日本の「独立」60周年にあたって
<3.11>以後、<ニッポン>という国家の基盤が溶解しているようにみえる。
琉球処分から第二次世界大戦の「敗戦」に至る60年の戦前と、「フクシマ」という第二の「敗戦」を迎えるまでの戦後の66年の政治・経済・社会の歴史と構造を対比しながら、グローバリゼーション下における「国家」と「地域」、そして「国民」の行く末を徹底議論する。
五十嵐武士 (アメリカ政治外交史・桜美林大学教授) 主な著書に 『グローバル化とアメリカの覇権』 (岩波書店)
水野和夫 (経済学、埼玉大学客員教授) 主な著書に 『終わりなき危機-君はグローバリゼーションの真実を見たか』 (日本経済新聞出版社)
大澤真幸 (社会学)



鈴木忠志の世界
利賀で生まれ、世界に翔ばたいている『リア王』
日本を問う『世界の果てからこんにちは』
新機軸・親子のための音楽劇『シンデレラ』
一挙上演
<特別上演>スズキ・トレーニング・メソッドを学んだ世界の若手俳優による「トゥーランドット」

利賀で生まれ、世界に翔ばたいている
『リア王』
合掌造りの闇の中から創り出された鈴木忠志の代表作。
「世界は病院である」という鈴木の演出基調となる理念もここから生まれた。
世界中で上演された『リア王』が、SCOT総出演で新たな1ページを開く。
8月25日(土)16:00開演
8月31日(金)19:00開演
9月1日(土)16:00開演
新利賀山房
『リア王』演出ノート
関連ブログ 「リア王初演」

日本を問う
『世界の果てからこんにちは』
雄大な自然をすべてとりこんだ、利賀でしか上演できない花火劇。
1991年に野外劇場で初演され、夏の利賀の名物になっているこの舞台が
3.11後を生きる現在の日本人に、鮮烈なメッセージとともに迫る。

8月25日(土)19:30開演
9月1日(土)19:30開演
野外劇場
『世界の果てからこんにちは』演出ノート
関連ブログ 「海ゆかば」
関連ブログ 「枯れスズキ」

新機軸・親子のための音楽劇
『シンデレラ』
アダモのシャンソン、プロコフィエフ、ロッシーニの「シンデレラ」など、音楽が満載。
長い演出歴の果てに挑んだ親子のための舞台。
鈴木忠志、快心の児童劇、第1弾!
8月25日(土)14:00開演
8月26日(日)14:00開演
8月31日(金)21:30開演
9月2日(日)14:00開演
創造交流館芸術劇場
関連ブログ 「シンデレラ」
関連ブログ 「児童劇」

スズキ・トレーニング・メソッドを学んだ世界の若手俳優による
『トゥーランドット-資本主義の登場、常識の衰退』
イタリアの演出家マティア・セバスティアンと中国、シンガポール、ブラジル、リトアニア、イタリアの若い俳優が利賀山房で創り上げた舞台。
コメディア・デラルテの仮面とスズキ・トレーニング・メソッドが新たに出会う。

8月24日(金)19:00開演
8月26日(日)11:00開演
利賀山房


9月2日(日)10:45-12:30
利賀山房

鈴木忠志Q&A
利賀の現在、将来について、観客からの質問に答える
9月2日(日)10:00-10:45
利賀山房

同時開催
利賀演劇人コンクール
7月24日(火)~8月2日(木)
アジア演出家コンクール
9月7日(金)~9日(日)<予定>
http://www.jpaf.or.jp/
.チケット料金
『リア王』
『世界の果てからこんにちは』 4,000円

『シンデレラ』
『トゥーランドット』 大人3,000円、子供1,000円(高校生以下)

シンポジウム、鈴木忠志Q&A 入場無料・要予約

チケット販売
予約開始:7月16日(月・祝)9時より

舞台芸術財団演劇人会議 利賀事務所 0763-68-2216  ※受付時間9:00~18:00
ARTS-NAVI(アーツナビ) http://www.arts-navi.com
富山大学生協 076-431-4259 ※平日のみ

舞台芸術財団演劇人会議でご予約の場合
チケット代金の振込先
■りそな銀行 目白出張所 普通口座1137149 口座名義:(財)舞台芸術財団演劇人会議
■郵便振替口座 00140-9-536136 口座名義:舞台芸術財団演劇人会議
※お振込みは、チケットのご予約後にお願いいたします。

バス運行のお知らせ
■名古屋 連絡バス
名古屋と利賀芸術公園を結ぶ往復バスを運行します。利賀に1泊して翌日午後の出発となります。
運行日  8月25日(土)、9月1日(土)
往路
10:00 名古屋駅太閤通口
→ 15:00 利賀芸術公園
復路(翌日)
15:30 利賀芸術公園
→ 20:30 名古屋駅太閤通口 

乗車料金 1,000円(片道)

■富山駅北口・岡駅南口 連絡バス
富山駅北口及び岡駅南口と利賀芸術公園を結ぶ往復バスを運行します。
運行日 8月25日(土)、9月1日(土)
往路
10:30 JR富山駅北口・JR高岡駅南口 
→13:00 利賀芸術公園 
復路
21:30 利賀芸術公園
→ 23:30 JR富山駅北口・JR高岡駅南口

乗車料金 500円(片道)

予約・お問い合わせ 0763-68-2028 利賀芸術公園
スポンサーサイト

<< グアムと琉球を結ぶ 13 | ホーム | 〈奄美ー沖縄ー琉球〉研究コンソーシアム(京都)の第一回研究会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP