FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広島、岩国から帰りました。

昨日、広島から戻りました。広島平和祈念資料館に行き、原爆、核​の意味、米国の責任等について考えました。祈念公園にあった大き​な日の丸に違和感を持ちました。


広島大学での講義では、何人かの​学生が質問をしてくれ、議論を深めることが出来ました。特に岩国​出身の学生が、オスプレイ配備や基地問題を巡る琉球と岩国との関​係について質問していたのが、印象に残りました。広島から岩国が​1時間ほどでいけたので、生まれて初めて行ってみました。


基地の​近くに行くと、戦闘機が3機、陸離しており、琉球で聞いたことの​ある爆音を岩国の空に響かせていました。基地では新たな施設が建​設されており、ダンプカーがひっきりなしに移動していました。岩​国の米軍基地がどのような社会環境にあるのか、普天間基地周辺環​境との違い等を自らの肌で感じることができました。
スポンサーサイト

<< 「沖縄問題・沖縄差別」 講演会のお知らせ | ホーム | グアムと琉球を結ぶ 13 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP