FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオの精神世界

「パラオの精神世界」と題する小論が、1999年9月9日に『沖縄タイムス』に掲載されましたので、ご紹介します。
 
 パラオ人の大半はキリスト教徒であるといわれるが、伝統的な精神世界も根強く存在している。沖縄のノロ、ユタに似た人々もいる。

首長が他界した際には、霊的力を有しているとされる女性がパラオの神様に願いをたてて、首長位の委譲に関する儀礼を行う。

沖縄ではかつて男性が政治を司り、聞得大君を中心とする女性が霊的世界を司っていた。パラオでも各州には男性と女性の首長がそれぞれおり、女性が次の男性首長を決定する権限を持っているのも霊的な強さがその背景にあるのだろう。

 ユタに似た人々は樹木と会話をし、人の将来を占い、植物の葉で薬草を作るという。薬草の中に「ラブ・ポイズン」と呼ばれるものがあるが、それは片思いの人が好きな人に内緒で飲ませて自分を好きになってもらう薬草である。

パラオ人によると、実際にラブ・ポイズンによって恋を成就させた人がいるが、2年後に別れたらしく、薬効は期限付きのようである。

 パラオの海には多くのマンタ(エイ)がいる。幾つかの州の出身者はマンタには神が宿るとして、触れたり、食べたりしない。

パラオ人の友達と一緒に中国料理を食べたが、マンタの肉が料理に混じっていると主張して、なかなか口にしなかったことがある。かまぼこもマンタの肉が入っていると考えて食べない人もいる。

 またパラオにはパラオ独自のモデクゲイと呼ばれる信仰集団が存在している。発生したのは1915年頃であり、大神善神に帰依して悪心悪鬼を寄せ付けず、自らの幸運を神に祈り、自然に精霊が宿っていると信じ、聖なる地では飲酒、喫煙が禁じられている。

さらに、信仰集団は高校を運営し、選挙の際には集票マシーンとしても機能しているという。

 人々のくらしと自然との関係が非常に密接なパラオのような環境では、森羅万象全てに神が宿ると考えても不思議ではないと思わせるものがある。

スポンサーサイト



<< 海勢頭豊さんのコンサートのご案内 | ホーム | NPO法人の入会申込書 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP