FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

うちなーぐち継承を

琉球新報の7月11日の記事です。琉球芸能の長老からも、しまぐちの大切さが力説されています。





うちなーぐち継承を 沖縄芸能史研が研究発表大会
2012年7月11日 Tweet

名優2人の逸話を語り合う役者の(右から)八木氏、玉木氏、伊良波氏と進行役の上原氏=8日、那覇市松尾の八汐荘
 沖縄芸能史研究会(當間一郎会長)の第37回研究発表大会が7、8の両日、那覇市の八汐荘で行われた。沖縄の日本復帰40年を機に琉球芸能の各分野の成果や課題を総括する発表が行われた。

シンポジウム「大宜見小太郎優と真喜志康忠優の芸と芸風」は、名優2人の逸話から見える沖縄芝居の課題を意見交換した。土台となる、うちなーぐちの継承へ意識を高める必要性などが指摘された。

 シンポジウムは県指定無形文化財「琉球歌劇」保持者の八木政男氏、玉木伸氏、伊良波冴子氏が登壇。放送キャスターの上原直彦氏が進行役を務めた。

 言葉の継承に関し玉木氏は「今、県立芸大を卒業した若い人たちが組踊や芝居も出演し劇ではうちなーぐちを使う。しかし、劇が終わったら全てヤマトグチでは、なかなか上達しない。常日頃から、うちなーぐちを使う意識が必要だ」と指摘した。

 八木氏も「例えば文字に書くと同じ言葉でも、言い方で意味が違ってくる。これをこれからの若い人たちにも教えていきたい」と語った。

 伊良波氏は若手へ指導する際にうちなーぐちで語ることを紹介し「わんねー、うりど仕事やくとぅ(これが仕事)と言って(ヤマトグチには)直さない。そうすると、だんだん聞けるようになってくる」と強調した。

 この他、研究発表会では、當間会長が「沖縄芸能史研究40年の歩みと成果」と題し国や県の文化財指定の状況などを踏まえ、特別講演を行った。分野別の発表では長浜眞勇氏が古典音楽、仲嶺貞夫氏が箏曲、新城亘氏が琉球民謡、大城ナミ氏が琉球舞踊に関し、40年間の経過や課題について見解を述べた。県指定無形文化財「沖縄伝統音楽野村流」保持者の宮城嗣幸氏は「わたしの歌・三線人生」と題し特別講演した。
スポンサーサイト

<< 松島ゼミ生による街頭募金活動へのご協力のお願い | ホーム | 「沖縄問題・沖縄差別」 講演会のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP