FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国人が島を動かしている

7月20日の沖縄タイムスの記事です。

シタイヒャー!
心から島を軍隊から守ろうと活動をされていた崎原さんを中心とする与那国人が島を動かしています。
以前、与那国で崎原さんを中心とする与那国改革会議の皆さんと話し合ったことがありますが、与那国人の軍事基地に反対する強い気持ち、意思を確かめることが出来ました。

住民投票で与那国人の意思を示し、それでも国が基地建設を強制しようとするなら、国連の国際人権規約委員会、人種差別委員会、先住民族関連の委員会に訴えて、世界的な問題にし、国際法に基づく自己決定権の行使を主張すべきであると思います。




【与那国】自衛隊基地建設の是非を問う住民投票条例の制定を与那国町に求める与那国改革会議(崎原正吉議長)は19日、住民投票実施に向けた1カ月間の署名活動を終えた。

署名数は町有権者数の5分の2以上、550人超に達し、直接請求に必要な数を大幅に上回った。24日に町選挙管理委員会へ署名を提出、署名の有効性が確認され次第、外間守吉町長へ条例制定を請求する予定だ。

 町内有権者数は6月2日現在で1218人。直接請求には有権者数の50分の1、約25人分の有効署名が必要。直接請求を受けた町長は20日以内に意見を付けて町議会を招集、提案する。

 崎原議長は、多数の署名に対し「目標だった有権者数の3分の1を上回り、これだけの住民が自衛隊に反対していることが証明できる」とし、住民投票と自衛隊誘致への説明会開催を求める考えを示した。

スポンサーサイト

<< 『琉球独立への道』を論じる | ホーム | 琉球差別をする日本政府 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP