FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立への道』を論じる

昨日午前中、龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターの研究会で行われた、三田剛史さんによる「中国・台湾と向き合う沖縄・八重山ー那覇、石垣、与那国での調査からー」というご報告を聞きに行きました。現地調査と、台湾人へのヒアリング等を踏まえた大変、刺激的な報告でした。

午後から同志社大学に行きまして、富山一郎さんと安里陽子さんと来週の『琉球独立への道』の合評会についての打ち合わせをしました。合評会以外についても、お二人といろいろと話ができて大変良かったです。来週の合評会における議論のヒントも得ました。

琉球の独立・主権・植民地主義とは何か、日本や日本人の責任、琉球にとっての民族や国家の意味や役割、フランツ・ファノンと琉球、琉球研究における独立研究の位置づけ、中国と琉球との関係、琉球・日本対立関係に国連を介在させることの意味・・・。

富山さんが紹介されたファノンの言葉「民族とは努力の総体である」が印象に残りました。

最初に結論があるのではなく、多様な考え、専門、視点をもつ論者が集まり、真摯な気持ちで議論を展開し、言葉を交換することで、新たな発見、気づきが生み出されるものと思います。関心がおありの方は、是非とも合評会にご参加ください。




〈奄美ー沖縄ー琉球〉研究コンソーシアム(京都)の第一回研究会

第1回研究会

松島泰勝 著
『琉球独立への道:植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』(2012年 法律文化社)合評会
とき2012年 7月 28日(土)
13:00~
ところ同志社大学今出川キャンパス 博遠館 3階 303教室

来聴歓迎・申込不要
主催: <奄美 -沖縄 -琉球>研究コンソーシアム(京都)
問合せ先: 〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学グローバル・スタディーズ研究科 冨山研究室
TEL : 075-251-3810(研究室直通) FAX : 075-251-3091E-mail : itomiyam@mail.doshisha.ac.jp
スポンサーサイト

<< 「ルーズベルトの責任」と「日本の責任」 | ホーム | 与那国人が島を動かしている >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP