FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オスプレイ配備の意味

7月30日の琉球朝日放送の番組です。

オスプレイは普天間基地に配備されるだけではなく、琉球内の他の基地でも運用されるのであり、危険な飛行隊が日常的に琉球人の頭の上を飛び、いつ落ちてくるか分からない不安がさらに増すことになります。

また琉球の訓練所う内にはイスラム風の町並みが再現されており、そこで軍事訓練が行われています。イスラム諸国での戦争を念頭においた軍事訓練を米軍は行っており、日本を守るという建前が嘘であることが分かります。自国の軍事戦略のために琉球を利用しているだけでしかありません。

オスプレイにより、琉球の米軍基地の機能はさらに高まり、その分、琉球人の生命や生活に対する危険性が高まります。それが琉球人の合意なしに行われようとしています。




アメリカ軍が公表したオスプレイの日本での運用に関する「環境レビュー」。この中にはオスプレイが利用する着陸帯が列挙されています。「ダック」や「フラミンゴ」と名付けられたこれらの着陸隊は69。CH46と比較すると中部訓練場では7つの着陸帯で訓練が増えることが明記されています。




「この道路が着陸帯に通じる連絡道です。オスプレイの配備で使用回数が増えたり、あるいは異常に使用頻度が高い着陸帯の表示。ファルコン、クート。」

こう話すのは沖縄県平和委員会の事務局長を務める大久保康裕さん。大久保さんは環境レビューを見てあることに気がつきました。利用頻度が増える7つの着陸帯のうち、6つがキャンプハンセンの中のある施設周辺に集中しているのです。



「米軍がコンバットタウンと呼んでいます。いわゆる都市型訓練施設で、1990年の初め頃に造られた戦闘訓練施設です。」

山あいに見える教会のような建物。これはアメリカ軍の都市型訓練施設です。大久保さんたちが調査したところ、左側にはイスラム様式の町並みが造られ、兵士たちが訓練をしていると言います。

「十数メートルの低空でロープを機体から垂らして、ロープから兵士がつたって屋上に降り立って、建物を占拠する訓練が行われています。」

「ロープで降り立つ場合にはどうしても、その高度から十数メートル低空ホバリングを余儀なくされる非常に危険だと思う。」

大久保さんはオスプレイの配備で、従来のCH46ではできなかった危険な訓練が日常化するのではと警戒しています。

こちらは2001年にキャンプハンセンで撮影された写真。輸送ヘリが大砲を吊り下げ、戦場を移動する訓練をしています。CH46ではこのような重い物は運べませんでしたが、その3倍近い積載量を持つオスプレイならばこのような訓練は可能になるというのです。

「質、量共に激しい、今まで行われなかったものが、行われてくるんじゃないかと思います。」



環境レビューではこんな事実も明らかになっています。2010年、オスプレイの製造元であるボーイング社が県内89カ所の着陸帯で地形や障害物、植生などを調査しオスプレイの利用に適当かどうか、評価していたというのです。

そしてこの中では、調査の結果、32の着陸帯が低水準としていました。大久保さんは県内全域が危険に晒されると危惧しています。



「全県的増えることはレビューを見れば明記されていますので、負担が増えることは間違いないですね。」
スポンサーサイト



<< 米国に抵抗できない日本政府:オスプレイに関しても | ホーム | 琉球民族とヤマトンチューの関係性について―琉球民族の権利主張を阻害する在琉日本人の問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP