FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

護佐丸さんの発言から学ぶもの

昨日は、宮里護佐丸さんによる研究会に多くの方が参加して下さい​ました。安里さん、新里さん、比嘉さん、富山さん、小川さん、井​上さん親子、中村さん、一木さん、ニィさん、西さん、西浜さん、​そしてマレーシアから辻さんです。私の研究室も一杯になり、汗を​かきかき本音の、建て前ではない議論をしました。

宮里さんのシマ​クゥトッバが京都のど真ん中で発せられた意味も大きいと思います​。国連NGOの琉球弧の先住民族会の活動を通して、在琉球日本人​がいかにして琉球人の主権を奪っているのかという具体的な事例の​紹介があり、それについて議論もしました。

琉球人の自己決定権行​使のために何がすべきなのか、琉球人とは何者なのか、日本人とは​何者なのか、琉球民族と名乗り、日本から独立することの意味と影​響、なぜ琉球は日本からの独立を求めるのか、台湾や中国における​民族問題と琉球との関係・・・・、それぞれの当事者性を考えなが​ら議論しました。

交流会でも、非常に興味ぶかい事実を聞くことも​できました。それぞれの立場で宮里さんの発言を受け止めたと思い​ます。
スポンサーサイト

<< 沖縄国際大学で集中講義をします | ホーム | 宮里護佐丸氏が龍谷大学において話をします。 >>


コメント

「琉球独立運動・琉球ナショナリズム」後継世代・後継者の育成を!

「琉球独立運動・琉球ナショナリズム」後継世代・後継者の育成を!


・機が熟しコンセンサスなって琉球独立となったとしても、それまであと25年ほどはかかるのでは?


・琉球独立を期して、それまであらゆる分野・地域で「組織建設第一主義」であるべきだと思う。


・スコットランド国民党のような前衛党・民族党を作り得なくても、「センター」「連絡・連携センター」のようなものが必要だと思う。

Re: 「琉球独立運動・琉球ナショナリズム」後継世代・後継者の育成を!

貴重なご意見感謝します。現在、琉球の研究仲間と「琉球独立総合研究学会」を立ち上げ、独立研究を総合的に行う予定です。


> 「琉球独立運動・琉球ナショナリズム」後継世代・後継者の育成を!
>
>
> ・機が熟しコンセンサスなって琉球独立となったとしても、それまであと25年ほどはかかるのでは?
>
>
> ・琉球独立を期して、それまであらゆる分野・地域で「組織建設第一主義」であるべきだと思う。
>
>
> ・スコットランド国民党のような前衛党・民族党を作り得なくても、「センター」「連絡・連携センター」のようなものが必要だと思う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP